夢の扉は熱で開く

しばらく風邪で寝込んだ。
今もこれをベッドの中でうちこんでいる。

先日「もう3年風邪をひいていない」などと
豪語したとたんこれである。
わきが甘いというか、ムレているというか
なんだかとても面目ない気持ちである。

同じく「五感が大事」と書いたばかり
なのに、嗅覚と味覚が麻痺して使えない。
聴覚も自分の声がくぐもって聞こえる。
風邪はつくづくあなどれない。
病院で診てもらったところ
「急性扁桃炎ですね」と言われた。
肺炎を合併するとひどいことになるらしい。

これほど風邪がつらいのは久し振りだ。
香港でかかったインフルエンザ以来だから
10年以上前のことである。
あのときは高熱にやられ、幻想まで見た。

幻想とまではいかずとも
発熱したまま眠ると、
たいてい不思議な夢をみる。

さっき見た夢で
ぼくはどこかの中東の街にいた。
誰かを追ってカスバへ迷い込み、
いつのまにか誰かに追われている。
足音が聞こえ、
その方向で砂煙が上がっていた。

すべての建物は同じ形をしている。
どれも10階建てで、王冠のような屋根。
小さな窓が規則正しく並び
ベージュ色の壁に、上の方だけが
まるで雪が積もっているかのように白い。
それらが支えあうようにみっしりと
建ち並んでいる。空が小さい。

互い違いに建物が路地に影を作る。
なるほどだから涼しいのだ。
などと、逃げながらぼくは思う。
青かった空はいつしか茜色に染まり、
やがて、漆黒の闇がやってきた。

追手はパタパタと足音をたてながら迫る
ぼくは、走り、止まり、かくれ、走る。
突然スピーカーからコーランが流れだす。
いつものしゃがれた男の声でなく
めずらしく女性の声だった。
よく聞けばそれは日本語で、
迷子の呼び出しのようだ。しかも
なんとぼくの名を呼んでいるではないか。
その声にゾワッとしながら、目が覚めた。

そんな夢だ。心臓がバクバクして
ほんとうに走っていたかのようである。
おまけに、ベットボトルの水をこぼしたん
じゃないかってなくらい汗をかいていた。

体温を測ってみると37度5分。下がった。
これなら、中東の街の気温のほうが高い。

どうかこんな風邪などひかぬよう
十分気をつけてくださいね。
いいことないです
なにひとつ。

10 件のコメント

  • まずは、お見舞い申し上げます。私の風邪予防は鼻の粘膜を乾燥させないこと、室内の湿度は50%をキープ、5L/0,99EURのガス抜きミネラルウオーターをシャープの「空気清浄機兼加湿器」に使用しています。あとはB12の摂取(ドイツで流行っているビタ・スプリントの小瓶)で、乗り切っています。風邪を引くと辛いですよね。いずれにしてもお大事に。

  • なおきんさん。大丈夫ですか?!
    私もここ数年、風邪をひいていません!
    なぁ~んて、言ったら風邪ひくのかな?
    生まれて一度もインフルエンザにかかったこと
    ないです~って言ったら、かかってしまうかな(^-^;

    昔は年に一度は熱だしてましたけど。。

    私もそうだけど、高熱だそうと、どうなろうと
    自分で処理していかないとだめだから、
    こういう時にちょっと辛いですよね(^-^;

    一日も早く治りますように、祈っています。

  • なおきん
    風邪は万病のもと。どうぞお大事にして下さい。
    私はすっかり弱くなり風邪をひくようになりました。昔は私が風邪をひくと「鬼の撹乱だ!」と言われたものでした。喉の痛みに、まぬ

  • ごめんなさい。途中でコメントが送られてしまいました。こんなことってあるんですね。
    抗菌力の強いマヌカハニー、喉に良いですよ。はやく良くなりますように。

  • 東京は雪って天気予報で言ってましたね。寒さ厳しき折、お体ご自愛ください。
    治りかけで気を抜いてるとぶり返しますよ。お大事に!

  • 重い風邪のようで、大変ですね。お見舞い申し上げます。
    そんな中でも更新頻度を守ってブログを書く気力(?)も凄いですね。

    しかし、旅行経験が夢にも出るんでしょうか。高い建物にアザーンといえば、サナア旧市街を思い出します。ずっと行ってみたい場所ですが、今行けば誘拐されそうですね。
    どうぞお大事に。

  • だいぶ良くなってこられているでしょうか。お大事になさってください。ブログをアップされてるので少し安心ではありますが・・・。
    幻想的な夢。私はこんな美しい夢をみることがないです。

  • こんにちは。

    汗を大量に出したなら回復に向かっている証拠ですね。

    どうぞお大事にしてください(>_<)

    僕も体調不良で安静にしている時、よく夢をみます。

    同じように、あまり印象の良くない夢を見て怖くなって起きるパターンが多い気がします。

    その時は驚くくらい汗をかいていて僕は「怖い夢、発汗ダイエット」とか出来ないだろうか?

    等とアホみたいな事考えたりしてます(笑)

    不謹慎ですいません。

    失礼しました。

  • 周りはみな風邪を引いています。
    少しは良くなられましたか?
    私は訳あって現在健康保険がない状態なので、
    絶対に風邪も引けないし怪我も出来ません。
    ある尊敬する看護婦さんがブログで言っていた、
    風邪、インフルエンザ、各種ウイルスを防ぐ唯一の効果的な方法:
    石鹸での手洗いと、イソジンでのうがい
    を地道に実践しています。
    これをまじめにやっている限り、風邪を引いた記憶はありません。

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    おかげさまで風邪はほぼ回復しました。わりと風邪をひきやすい体質が、ここ数年すっかりひかなくなって、うれしさのあまり素っ裸で多摩川沿いを走ったのが災いしたのかもしれません。もちろん冗談ですけど。
    ——————————-
    Yossyさん、
    急性扁桃炎ということでした。おかげさまで今は良くなりました。気合で治そうとしたんですが、やっぱり処方された抗生物質にはかないません。早めに病院にみてもらうのがいいですね。Yossyさんはいかがですか?
    ——————————-
    Kei3さん、
    最初のコメントの「まぬ」というのが気になって満足に寝られなくなりましたが、直ちに次のコメントをいただきほっとしました。マヌカハニー、試してみます。なんだかハワイ語のような語感ですね。
    ——————————-
    phoo主婦さん、
    今年の冬は寒いですね。まるでぼくの財布のようです。それにしても油断大敵です。3年風邪をひかなかったので「もうひかない体になったんだ」と勘違いしたとたん、これです。ご心配おかけしました。
    ——————————-
    楽庵さん、
    「きょうアップしなかったら4日間アップできなくなる」と身を奮い起こしアップしました。この程度ですが。イエメン、行ってみたいです。今年の一人旅はアルジェリアにしようと思ったとたん、あの事件。イエメンもサナアくらいなら大丈夫かなと。
    ——————————-
    どらみっちょさん、
    ぼくはどちらかというと「夢見がちな中年」なのかもしれません。あまり美しくないですが。でも不思議な夢を見たらすぐに枕元のメモ帳に書き留めます。意外と同じ夢をみているもんですね。
    ——————————-
    じさん、
    はい、おかげさまで回復しました。悪夢ダイエット、なかなかよさそうですね。毎朝シーツの取り替えがたいへんそうです。汗ならやっぱり別の方法でかくほうがいいですね。
    ——————————-
    riesenmausさん、
    手洗いにイソジン、良い心がけですね。さすがです。でもイソジンは良いバクテリアも殺すので、批判する人もいますね。塩水が一番いいと。ともあれ風邪をひかない身体は財産ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。