女性に興味がなくなった理由?

ところで「ハンカチ王子」はいまどうしているんだろう?というか、彼をキャーキャーと追い回していたおばさんたちはどうしたんだろう?いやなにもおばさんたちばかりではなかったけれど、なんとなく「そこに行列があるから並んでみました」的な流行り廃りの中で、はたして自分がなにを忘れているのかすら忘れてしまっている大衆は、いつの世にも健在である。まあぼくも含めてだけど。

いつのまにか誰かと飲んでいても「男女の何とか」みたいな話題がまず出てこなくなった。ぼく自身興味を失せてしまったからなのか、周囲にいるひとたちがそうなのか、あるいは齢のせいなのか、時代のせいなのか自分でもよくわからない。50を前にすると、人間は持っているものを少しずつ少しずつ捨てなくてはならないのかもしれない。体力だって衰える。「恋」という響きがどこか淡く、遠くに霞んで見える。非現実的にすら思える。あれはもう語り尽くした物語なのだ。絞り切ったトゥースペーストなのだ。それにしてもなぜこんなに女性に興味がなくなってしまったのか?

たぶんそれは満員電車のせいなのだ、と思ってみる。そこはまさに戦場だ。疑われてしまえばなんの言い訳も聞いてもらえない冤罪の世界である。いうまでもない、痴漢のことだ。される方も災難なら、疑われる方も災難である。してなくても疑われるだけで逮捕され罪を認めなければ日常に戻れない。抵抗し続ければ牢屋から出してもらえず、くり返される裁判から逃れられない。認めればもちろん前科一般だ。社会的に抹殺されることもある。だから決して疑われないよう、両手は常に上げておかねばならない。乗れば周囲に女性がいないか確かめ、極めて女性を避け、男たちの立つ場所へ向かう。そこは決して居心地の良いものではないが、身に覚えのない痴漢の疑いから遠ざけることができる。朝晩そんな習慣が身につけば、知らず女性恐怖症というものになってしまうものだ。とくに朝のラッシュ時には、車両は銭湯のように男と女を分けてもらいたいと、冗談でなく思う。女性専用車両があるなら男性専用車両があってもいいじゃないか。ちょっと臭そうだけど。

あるいは職場のせいもあるかもしれない。
いまの社内は女性従業員が多い。そしてコンプライアンス何とかというルールも多い。他者に迷惑がかからないよう一挙一動、緊張のしっぱなしである。いつの間にこんなにルールができちゃったんだ日本の会社って!と驚いたのは数年前。それが次第に慣れてしまっている。そんなルールに慣れるにしたがい、自分のなかの何かが失わつつあるのかもしれない。なにを忘れてしまっているのかを忘れてしまっているから、なにが失われたのかを気づくのはまだずっと先のことなのだろう。

息苦しくなってはじめて今まで息を止めていたことを思い出し、息つぎをするかのように日本を出る。しだいに長く息を止めていられるようになったのは進化なのか退化なのか老化なのかはしらないが、いまのところ年6回程度出れば大丈夫な身体になりつつある。そのうち4回になり、やがて2回になるかもしれない。

とあえてひねくれてみる。
これもひとつのストレッチ体操である。
それどころか小さく丸まっているだけだけど。

今日のチェブラーシカ

耳をそばだてると、うっかりチェブラーシカに似てしまうことがあります

6 件のコメント

  • ハンカチ王子ですが、今でも人気があるみたいです。鎌ヶ谷球場が割と近くにあるのですが、二軍落ちしてる時は周辺の混雑具合が迷惑レベルになってます。
    ところで冤罪の話ですが、自分の身に起きたらと考えると防衛に走ってしまいますよね?昔のように気軽に女の子の肩をたたいたりできなくなっている風潮はどうかとも思います。それとも昔から女の子は我慢していたんでしょうか?
    どうも日本人は右か左か、白か黒かといったように極端にぶれる傾向があると思います。あからさまなものはいけないと思うのですが、右手で携帯をいじっていて左手で吊り革を握っていても有罪となる世の中です。中庸がいいと思うのですが・・

  • チェブ知ってやったんですか。ま、私の場合は、嫁ですけど。ま、私の家は、日本犬の雑種ですけど。近所の犬が子生んだ、もらって。そこらへんうろついていたから拾ってきた。とか、そんなんでしたけどね、ちょっと昔は。ブランド犬なんか、水鳥射ちの人飼ってるくらいでした。スピッツまがいや、秋田まがい、皆20年近く生きてました。もちろん残飯で。玉ねぎも、時々食ってました。あとはフィラリアの薬だけでした。皆、家の近くの川の土手に眠っております。
    コメント、チェブから始まり飛んでしまってますが、今の日本のブランド犬達見てると、今の日本は、なんなんだろ、と思ったりもします。海外へ行くと、欧米アジアに限らす、ちょっと昔の日本を見たりします。ま、雑種も見なくなりましたが。
    old schoolでしょうか。good old daysでしょうか。
    ラマの2軒、事情ありで、私のとこへきた2軒、DCFなんか考えたら、とてもやってられません。

  • コメント書き間違い。雑種も見なくなりましたが は、眠っております の次です。旺旺。

  • 大して男と付き合ったことないのに、男として興味無くなったのは、知り尽くしちゃったからかなぁ…と。自分も男っぽいとこあるし(笑)。生理があがるとホント楽だわ…と思ったりして。身軽な1人を満喫中ってとこかしらん♪

  • えー、なおきんさんステキな方だと思いますよ(たぶん

    なんというか、全体的に生涯の結婚率が下がったり
    しているので平均的な感覚なのかもしれません。

    そういう私は若いころからそんな話とは皆無で
    最終的にもそうなりそうですが・・・・

  • こんにちは、なおきんです。
    コメント返しが遅くてごめんなさい。
    ——————————-
    おととさん、そうでしたか、ハンカチ王子。二軍落ちでマスコミの露出が下がっても、熱心なファンが居るというのは心強いでしょうね。日本の腕がふさがっているのに痴漢の冤罪がかかるとなれば、やはり車両を分けるほかないのでしょうかね。科学技術の進歩は「人間不信」という副産物を落としていったのかもしれません。
    ——————————-
    香港チークガールさん、
    いまのペットは贅沢すぎる、と感じられてますね。実はぼくもです。そしてぼく自身、ペットを甘やかせすぎてます。矛盾してますね。実のところ、ぼくがペットに甘えているんだと思いますが。さていきなりのDCF、香港の物件はCG(キャピタルゲイン)が望めるから、日本よりマシだと思いますが。
    ——————————-
    たまやんさん、
    あのー、生理があがるとか、そんな生々しい・・。なかなか人生を達観できるフトコロを持てないと、おっしゃるような「他人を知り尽くす」ということがよくわかりません。まあぼくが未熟なだけですが。
    ——————————-
    わんわんわんわんさん、
    結婚という制度に昔ほどとらわれなくても、いまは十分生きて行ける。ということなのかもしれませんね。昔は「嫁ぐ=永久就職」みたいなところがありましたから。そんなことをいうと「少子化問題はどうする!?」的な抗議がきそうですが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。