ちびきちのいもうと

いまでもときどき、家に犬がいるのを不思議に思う。
グレイのトイプードル、おなじみちびきちのことだ。

犬を飼うまで犬を飼うなんて予想もしていなかった。
ある日とつぜん「できちゃった」というわけでもなく、
ふと正気に戻ると家に犬がいた、といったかんじだ。

前にも書いたが、きっかけは床に落ちたヅラだった。
4年前の夏、広島の叔母の家にそのヅラは落ちていた。
拾い上げようとして、ヅラが動いたのでおどろいた。
ビーズのように光るものが2つ、ピンクの舌・・・

子犬だった。
落ちていたんじゃなく、寝ていたのだ。

黒い毛のかたまり、やわらかく、あたたかい。
小さなピンクの舌が、
抱き上げたぼくの鼻先をちろちろ舐める

ぼくはイチコロでこの小さな生き物が欲しくなった。

叔母に「ちょうだい!」というと「ダメ」と言われた。

代わりに「もう一匹オスが売れ残ってたわね」と
さっそくブリーダーを紹介してくれた。

さっそくその日のうちに島根県との県境まで車を走らせ
入手したのが、ちびきちだったというわけだ。
妹(ベニという)より数十秒お兄さんである。
売れ残りではあったが。

こないだの帰省時、4年ぶりにベニに会った。
同じグレイのトイプードル。ちびきちの面影がある。
ライオンカットというめずらしい頭をしていて
髪型も顔も叔母そっくり。やはり飼い主に似るのだ。
もはや血を分けたちびきちよりも叔母に似ている。
そのことを叔母に伝えると、なぜか照れていた。
叱られると思ったのに。

いつか会わせたいねえ、と
どちらからともなく言う。


▲ 初登場、ちびきちの妹、ベニ。隣にいるのは叔母。どれほど似ているか見せたいのはやまやまなのだけど

ちびきちとベニ、兄と妹。
広島で生まれ、離ればなれで育った。
ぼくと妹もそう。
同じだ。やはり犬は飼い主に似る。運命も。
もうしわけない気がするけれど。

きょうも家に帰ると、ちびきちが駆け寄ってくる。
ヨロコビをその体ぜんたいにあらわし、くるくるまわる。
その姿が愛らしくて、いちいち泣きそうになる。


きゅー

ただいま、ちびきち
そのうち、妹に会いにいこうか。

7 件のコメント

  • べにちゃん、可愛いですね。知らないはずのおばさまのご様子が思い描けて、話しかけたくなりました。

  • ベニちゃんも可愛い!
    私の観察によると、愛されているワンコほど飼い主さんによく似てるような気がします。
    照れちゃった叔母様もかわいいですね。

  • ベニちゃん、なんともいえないかわいさですねえ!!
    私が飼っていた犬は5人兄弟くらいで、一人っ子の私は
    弟のごとくグリグリに可愛がりました。
    ちびたんは、今の生活が大好きで楽しんでいると思いますよ。

  • それにしてもベニちゃんは見事にマダムしてますねぇ。
    びっくりです。

    そして、このちび吉君のショットには飼い主の深い愛情が伝わってきます。
    うちのは真っ黒なので、室内ではなかなか上手く写真が撮れません。

  • 思わず笑ってしまって、最後にちょっと泣けてしまいました。

    いちずな愛犬に泣いてしまう気持、わかります。とても。

  • kei3さん、一番ゲット、おめでとさまです!
    ていうかおひさひぶりです。叔母は齢70を前にしていまだソロバン塾を経営しているビジネスウーマン。卒業生は数千人を数えるといいます。昔は「由美かおる」似だったと記憶するんですが・・・。
    ——————————-
    jamさん、
    なるほど「愛されるほどに飼い主に似る」。名言ですね。人は観るものに似るともいいます。犬もまた然りというわけですね。叔母は「ベニちゃんのように美人になりたい」などと申しております。うーむ。
    ——————————-
    わんわんわんさん、
    ごぶさたしてます。「ぐりぐりに可愛がる」という光景を想像してしまいました。すさまじそうですね。ぼくはちびきちを「ふにふに」にかわいがっているようです。ちょっとシメなくちゃとおもいはするんだけど。
    ——————————-
    エイシアさん、
    マダムですよね。まだ4さいなのに。ちびきちより数十秒年下なのに。でもカラダはちびきちよりさらに小さく、体重わずか2キロ。それから黒い犬は撮影がたいへんですね。とくに夜間。写真テクを磨くチャンスです。
    ——————————-
    はてなさん、
    またおいしいこと言ってくれますね。いつもありがとさま。なんでもない文章から価値を掘り起こすはてなさんのような読者の存在がこのブログの宝です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。