ちびとも紹介

f:id:naokin_tokyo:20150308164029j:plain

 

昼間は犬を預けているというと、たいていのひとはおどろく。そして「なんで?留守番させときゃいいじゃない」といわれる。犬は主人を待つのも仕事なんだから、と。まあ、そうなのかもしれないけれど、ちびきちは飼いはじめてからずっと、昼間は幼稚園、1年過ぎてからは託児所の犬版のような施設にあずけている。

 

その施設でちびきちはいろんな時間を、実にさまざまな犬たちとすごしているようだ。概してちびきちは社交辞令があまり上手でなく、近寄る犬たちにそっけない。どれほどそっけないか、スタッフが撮ってくれた写真でわかる。

 

f:id:naokin_tokyo:20150305233753j:plain

みあげたもんだよ。

 

f:id:naokin_tokyo:20150305233830j:plain

なにやってるんだろうねえ。

 

f:id:naokin_tokyo:20150305234053j:plain

エレベーターに乗り合わせたみたいな表情。

 

 

f:id:naokin_tokyo:20150305234202j:plain

たのしくさんぽ、というかんじでもないね。

 

 

f:id:naokin_tokyo:20150305225658j:plain

しつこくされると、ひくタイプ。

 

 

f:id:naokin_tokyo:20150309193353j:plain

おうちがいちばん

というわけで、また!

 

4 件のコメント

  • ちびきちちゃんの性格、なおきんさんに似ているイメージを持ってしまいます。
    いえ、きっと似ています。笑
    近頃は 犬の幼稚園とか保育所が増えましたね。社会性は身に付けなくともいいけど
    一人でお留守番は飼い主的に辛いですよね。
    ワンちゃんは よく夢をみて
    足をバタつかせたり、尾っぽを振ったり、
    悲しそうに泣いたり。
    悲しそうな時と 恐ろしがっているような夢の時は そっと撫でて起こして抱きしめてあげていました。^^
    私が産まれた時から 犬がいて
    大人になってからも ずっと犬を飼っていて
    多い時で 五匹いました。笑
    今は野生のエゾリスと野鳥と野鼠に
    毎日 エサをあげています。
    そして 奇しくもペット関連のお仕事をしています。動物大好きです。
    但し 蛇とカエルは・・・。

  •  成程、施設に預ける、という方法があったのですね!
     我が家も日中はむじんになります。もし犬や猫を飼ったら退屈してしまってかわいそう、と思い、飼うことができずにいます。
     まあ、インコならいいだろうと思って飼いましたが、小鳥でもさびしがるのは同じ。2代目の今はペアにしてあげて、お互い退屈しないようにしていますが・・。
     動物たちもひとりにさせられてはさびしいし退屈でしょう。仲間と一緒にいられる、という安心感もきっとあると思います。
     情報、ありがとうございました!!

  • ちびきち君の幼稚園、羨ましかったな~。
    ちびきち君と同い年のワンコを飼ってますが、子犬時代、ワンコの幼稚園(託児所)を探したけど、地方にはまだありませんでした。
    あった♪と思ったら、『幼稚園』と名は掲げながら、ペットホテルの一時預かりだったりで、ガッカリ。
    結局、お留守番犬の人生をおくってもらってます。
    日頃の色んな罪滅ぼしは、休日にラブラブ時間を過ごすこと。
    足らぬ母ちゃんでごめんね。

  • meikoさん、いちばんゲットおめでとさまです!
    性格と言えるかどうかわからないんですが、ちびきちもぼくも、出されたご飯をほんのちょっと残すクセがあります。動物好きなmeikoさん、気持ちが伝わってきます。たくさんの動物に囲まれての生活、いいですね。それにしても野生のエゾリス野鳥と野鼠・・すごいですね。
    ————–
    うさぎくんさん
    外で仕事をする人たちにとって「犬を飼う」というのは、ネックになりますよね。安心して預けられる場所が見つかったら、以降はそこを中心に引越ししたりしてました。人がそうであるように犬もまた社会(?)を学べるいい機会にもなると思います。ただ犬種によっては合わないこともあるようですけど。
    —————
    faithiaさん、おひさしぶりです!
    そうそう、同い年ですよね。犬は何と言っても習慣性の強い動物なので、ひなが待つことも慣れちゃえばぜんぜん気にしないそうです。ちびきちもこのごろは、あずけ先の犬たちとの間で若干ストレスを感じているようす。7歳を超えると、子犬たちの相手がめんどくさくなるようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。