祖母がそっと教えてくれた、ぼくが方向音痴である理由とは?

mayoimichi

TOKYO 2016

旅の禁断症状が止まらない。

どうなるかというと、

  1. 高級カメラを買いそうになる
  2. 会社と反対方向の電車に乗りそうになる
  3. 旅行鞄を注文してしまった(後にキャンセル)
  4. 空撮用ドローンを買ってしまった(キャンセル失敗)
  5.  空を見上げることが多くなる
  6.  航空券を予約してしまう(キャンセルしたが手数料発生)

旅に出るのになぜ高級カメラを買いそうになるのか、自分でも不思議である。おそらく自分の中では「旅と写真はセットでお得」的な位置づけなのだろう。なにがお得なのかわからないが、高級カメラは20万円以上するので、旅に出る都度欲しがっていてはあっという間に散財してしまう。20万円をキャッシュで手にすればビビるのに、ネットでの注文はただ数字が羅列するだけなので実感が薄弱だ。クレジットカードを切り刻みたくなるのはそんなときである。

思えば17のときに家出して以来、旅はぼくにとってライフワークである。そのうえ方向音痴なものだから、人生ごと迷いもする。育ててくれた祖母が嘆いていた。「デパートで呼び出しくらうのはこりごりだよ、誰かあんたを空の上から見張っておいてもらいたいもんだね!」

おばあちゃん、それいま実現してる。GPSっていうんだ。

 

BRITISH MALAYA 1941

ぼくの方向音痴は遺伝である。

オトンもよく道に迷う。祖母が言うには、旦那(祖父のこと)もひどかったらしい。ただそれが理由で戦地で命拾いをし、オトンが生まれ、しばらくしてからぼくが生まれた。戦車兵としてマレー半島をシンガポールに向け進撃中、ジャングルで道に迷い、指揮を執っていた戦車が本隊とはぐれてしまった。祖父たちが途方に暮れ、日まで暮れたころ、本隊は待ち伏せしていたグルカ兵による対戦車砲の一斉射撃で壊滅してしまった。道に迷っていなければ、祖父も殺されていたのだった。

「方向音痴は命の恩人ね」と祖母は笑う。ぼくは笑えなかった。こうなるともう、そんじょそこらの方向音痴とはいえないような気がしたからだ。

 

haguramono

 

ÖSTERREICH 1993

ある日、ドイツから車でスイスに向かう途中、道に迷う。なんとか国境を越え、アルプスの山の中を数十キロ走り、ようやく適当な宿を見つけたのは23時をまわっていた。暗い山道を長く走ったせいでぐったり疲れ、夕食も取らずベッドに倒れこむ。だがそこがスイスでなく、オーストリアだと気づいたのは翌朝になってからだった。まだナビなんてものがなかった時代である。「国際方向音痴だね」と友人は笑う。ぼくは笑えない。

 

THE PHILIPPINES 1987

フィリピンで暮していたころ、よくタガログ語で道を訊かれた。日焼けしてると、まるで現地の人に見えるらしい。「ワタシはアナタほど道を訊かれないデス」と現地スタッフがいうから、どうやら道を訊かれやすいタイプでもあるらしかった。おまけに、自分がよく迷うぶん、道の教え方には自信がある。人は悲しみが多いほど、ひとにはやさしくできるものだから。

 

ぼくが旅好きなのは理由がある。
無事に帰ってきた時の喜びが、人より大きいからだ。

 

6 件のコメント

  • 私も海外で道を聞かれたことが2,3回あります。旅行者に見られるのがいやで、できるだけ現地の人に近い恰好をしていたかもしれません。マラッカでは道を聞かれました。ブタペストでも聞かれました。私も旅が好きで若いときは現地ではできるだけそこの人のような恰好をしていました。でもいつも構えていたかもしれません。隙を見せないように。日本に帰るとその安心感はすごいものです。そしてまた次のところに行きたくなるのもその時です。旅はいいものです。国内の旅もすてきです。生きているうちにもっとたくさん旅をしたいと思います。今年もすでに二つ決めました。

    • lexkenさん、こんにちは!
      なかなか旅慣れされてますよね。現地では現地の人のような恰好をする、というのはカンタンそうでなかなかできませんからね。今年旅することに決めたふたつ、機会があったら教えてくださいね。ぼくもアルジェでジェラバを、ミャンマーで巻きスカートをそれぞれつけてみましたが、しっくりこず、すぐに脱いでしまいました。聞きマネで関西弁をしゃべるような罰の悪さがありますね。さてまた旅に出ようかな?

  • なおきんさん、こんにちは。
    旅の禁断症状は大丈夫ですか(笑)
    今週、旅から帰国しました。
    いつも行きの飛行機では全く寝れないのに、帰国便で熟睡できるのはやはり安心感なのでしょうか?
    方向音痴の自覚はあまりないのですが、ホテルのエレベーター降りてからいつも部屋方向がわかりません。
    屋内方向音痴です。

    • bossaさん、こんにちは!
      おかえりなさい。屋内方向音痴なのですね!これは楽しい。さらに室内方向音痴になると、トイレと間違えて風呂で用を足したりするので注意が必要です。ぼくも帰りの飛行機のほうがしっかり眠れるような気がします。これからどう迷っても国内だから、という安心感でしょうか。

  • なおきんさん、お久しぶりです。
    私も方向音痴です。
    しかも相当な。
    なおきんさんに負けてない感じです。(笑)
    禁断症状がなんか可愛いです、なおきんさん。

    • はてなさん、おひさしぶりです!
      方向音痴はお互い様なのですね。よかった、戦友がいて。それにしてもこの禁断症状には困ったものです。旅に行っても、いかなくてもお金がかかりますから。そんな自分が述べ15か国で車の運転をしていたなんて、自分でもびっくりです。まわりはもっとびっくりしていますが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。