300万人が飢え死にした河南省大飢饉を救ったのは、なんと日本軍だった

kananshou

トルコはなぜ親日なのか?

親日的といわれるトルコ。
理由はいくつもあるが、そのひとつに100年以上昔に和歌山県沖で遭難した自国民69人を日本人に助けられた(エルトゥールル号遭難事件)を、美談として後世に伝えていること。学校の授業で習うからたいていのトルコ人が知っている。イラン革命時、今度はトルコ航空をして日本人を救出した。美談は交換されることでさらに好感度が増す。トルコ人は日本人に好感を持ち、日本人もトルコ人に好感を持つ。同様にリトアニアやポーランドでは戦時中の杉原千畝の命のビザのことを後世に伝えている。

だが美談は、政治の前には無口になるのも事実である。

例えば1942年、中国河南省で発生した大飢饉を救った日本軍のエピソード。自衛隊の災害派遣とはまた、規模と意味あいがぜんぜんちがう。餓死者は実に300万人、難民300万。想像を絶する。難民の中には途中行き倒れたり、殺し合いに巻き込まれた。殺されたほうは、その場で食べられた。あるいは食肉として市場に売られた。世界でもまれな人肉市場は実際にあった。死体はいくらでもあったから、市価は1/10まで下がったとある。

美談は政治の前に無口になる

中国政府は「難民が死んでも土地は中国のままだが、兵隊が死んでは日本軍に土地を奪われる」と考え、食料を優先的に軍に回した。当時は日中戦争の最中でもあったのだ。国に見捨てられ、兵士に食料を奪われ、わずかな備蓄を役人に徴税としてもっていかれた民衆は、木の皮をはぎ、根を掘り起こしては食べ、泥をすすりながらかろうじて生き延びていた。やがて、娘を売り、しまいには自分の子供を蒸して食べたりもした。累々たる死体。それを食いばむ鳥や犬。酸鼻極まる絶望の大地である。はたして彼らを救ったのは、そこへ進軍してきた日本の将兵たちであった。

日本将兵は酸鼻に包まれた土地に驚愕し、屍に食らいつく犬をはねのけながら、まだ息のある人々に糧秣をほどいては与えていった。足りなくなると他の土地から新たに調達した。泥沼の日中戦争はいつ終わるともしれず、糧秣は戦場に近いほど貴重だったが、躊躇はなかった。この英断はすばらしい。戦う相手は敵の兵士であり、敵国の民衆ではないのだ。

日本軍の食糧放出により、どれほどの人たちが助かったか確かな記録はない。歴史は記録を残すことを拒んだ。それが敗戦というものである。歴史は勝者によって書き残され、敗者に美談があってはならないのだ。でないと自国民を見捨てた中国政府の非難につながる。勝利した正統性を失う。

こうして美談は政治の前に無口になった。実はアメリカ人記者も現場に立ち会い、日本軍による人民救済についても知っていた。だが当時のアメリカは日本と戦争中。プロパガンダ的には蒋介石政府をはやし、日本をこき下ろさねばならない。またしても、美談は政治の前に無口になった。

だが、救われた民衆は恩を忘れなかった。

1944年4月、河南省で日中で大きな戦闘があったとき、民衆はこぞって日本軍に味方した。大した装備もない6万の日本軍が、三国志で有名な「許昌」を死守する重装備の30万中国軍を相手に勝てたのも、民衆たちが自軍の情報を日本軍に与え、自らも鍬や鎌を手にして中国兵士たちを襲ったからである。亡くなった家族や友人たちの仇をとったのだ。これはある意味、美談の交換にもなり得るが、もちろん記録は残されなかった。日本側も戦後は敵国条例(戦勝国の悪口を言ってはならない)などもあって、歴史から消された。真実を語れず、歴史に負い目を着せられ、忘れられていった。ぼくたちは文字通り「戦争を知らない子供たち」である。無理もない、教えられていないのだから。学ぶべき姿勢もなかったが。

中国の大飢饉を救ったのは日本軍だった

このことが明るみになったのは、2000年9月に人民文学出版社から出版された『温故1942』という劉震雲の手記による。タブーである日本軍の美談につながる内容が、日中友好ムードのほんの間隙にをついて、世に出ることになった。その後はひっそりと、しかし読者へ確実に衝撃を与え続け、ついに2013年に映画化された。映画では大飢饉の惨状が描かれはしたが、日本軍による救済は、民衆を味方にするための方便とし、美談にならないようアレンジされた。日本軍が民衆に食料を与えるシーンは登場せず、日本軍将校をして「わが軍に味方するよう民衆に食料を与えよ」と語らせたに留めた。

そもそもなぜあのとき、肥沃なはずの河南省で大飢饉が発生したか?
実は、天候などの自然災害によるものではない。だいいち凶作が原因で300万人も餓死したりなどしない。つまるところ日本軍の進軍を遅らせたり、現地調達されたりしないよう、中国(蒋介石)軍が先回りして焦土作戦を行ったからである。橋を壊し、ダムを決壊させ、井戸に毒を流し、畑や民家を燃やす。戦闘が行われてもいないところで火が上がり、食料が強奪され、婦女子が暴行に遭ったのもこのためだ。信じがたいことだけど、敵を弱らせるためなら、自国民への犠牲を惜しまない。主客転倒はなはだしいが、「人民を盾にする」のは中国大陸ではわりと伝統的な行われた戦法である。

1900年代に中国大陸で起こっていたことが、ありのまま伝わっていれば、対日感情はいまよりずっと良くなっていたのではないか。そうすれば今も日本は中国とうまくやっているんじゃないか。そう思う一方で、果たしてそうだろうかと釈然としないものがある。大飢饉の原因となった中国軍の焦土作戦は、そもそも日本軍が攻め入らなければ実行されなかった。とすれば、無辜の600万人の餓死・難民は被害に遭わなくてすんだかもしれない。仮に日本軍が食料を与え民を救ったとしても、それが美談といえるんだろうか?

歴史が政治利用されるのはあたり前、情報貧者こそ罪である

歴史が難しいのはそういうところだ。
史実がどうあれ政治的意志が介入すれば、白は黒になる。後世への語られかたも変わる。対日感情が悪いといわれる中国人に、じゃあいったいどんな災難が自分にあったかと訊かれれば「特にない」としかいいようがない。ひどい目にあったのは戦禍に巻き込まれた河南省の民衆たちであり、報復に遭った中国兵や獄死した日本兵たちである。冥福を祈るしかないが、だからといっていまの中国人がいつまでも日本人を嫌ったり、逆手に取って日本人が中国人をバカにするのも筋違いである。歴史から学ぶものがあるとすれば、人間の争いはたいてい自分たちにこそ正義があり、相手にはそれがないという思い込みから始まっている。いわば正義の奪い合いである。

このエピソードをはじめて知ったのは10年も前のことだが、記事にしたのはたぶん初めてである。うまく解釈できなかったのだ。ともすれば「ほらみろ日本軍はいいこともやってたじゃないか」という記事になってしまう。それではただの揺れ戻しである。自虐史観に対する当てこすりである。日本に旅行に来る中国人を「爆買いツアー」などと面白く語るが、彼らの持つ対日感情と、一度も日本に来たことのない中国人の対日感情は圧倒的に前者のほうが良い。あたりまえである。身を使って得た情報を持つ者の方が、そうでないよりまっとうな感情を持つ。

相手を責める前に、まず情報貧者にならないことである。

そのために自由に発信できるメディアがあり、自由に行き来できる機会の多くをぼくたちは持つ。
大いに活用したい。せっかくこの時代に生きているのだから。

政治利用から歴史を救うのは
あなた自身でありぼく自身である。

 

5 件のコメント

  • 後半のご見解を特に興味深く読みました。
    ただ、最初に掲げられたトルコは災害というか事故、リトアニア、ポーランドは第三者的な立場での行動であったのに対し、日本と中国は戦争の当事者同士である点、すこし視点が変わってくるような気もします。。
    戦争の犠牲者とは一体誰なのか、難しい問題ですよね。相手国の国民?自国の国民?国民といっても、兵もいれば、軍指導者、経済界、政界、指導層を突き上げた市民、指導層の動きを監視しなかった、あるいはできなかった市民・・。
    などと言っていると、話がまとまらなくなりますが、私は戦争というのは、人類が堕ちていく、悪魔的な圧力のようなもの、なんじゃないかと思うことがあります。国家同士で戦う時、双方の敵は明確、なはずですが、ほんとうはおたがい悪魔に踊らされているんじゃないかな、と。
    軍が相手国の民を救うのは、偶々悪魔の手から逃れられていた瞬間があったということでしょう。それはそれで、素直に美談と認めたい気がします。
    話を戻すと、戦争も政治の延長だと考えれば、なおきんさんのおっしゃるとおり政治が歴史をゆがめてしまいがちなこともわかる気がします。
    ちょっとまとまりが無いかな・・(すみません)。

    • うさぎくん、こんにちは!
      たしかに、平常時の歴史認識と戦争時のそれとでは扱いが違いますね。戦争時の場合は「勝者が歴史を書きなおす」のが常套ですから。戦争犠牲者は定義づけるのはとてもむつかしい。それでだいたい「敗者が悪い」ということで、一方的に被害を補償させられる。事後法で裁かれもする。というのが先の大戦だった。どう考えても日本側に責がないようなことやデマや風評を含めて。でもまあ、国単位で好きとか嫌いとかいう感情も考えてみればおかしな話ですよね。

  • 「歴史は勝者が作る」「事実は一つしかないが、真実は人の数だけある」という言葉を聞いたことがある。
    人は聞きたいように聞き、見たいように見るものです。だから、不都合な事実も取り入れ、誇張を取り除いた情報を入手できるように心がけていますが、目の前にある情報はどの程度事実に即しているかの判断基準がないので、常に迷っています。
    難しいですね。

    • おととさん、こんにちは。
      そうなんです。歴史の解釈はとても難しい。比較的日本人は歴史をアカデミックなものととらえ、史実を客観的に見る心構えがあると思いますが、これをポリティカル利用する国や党派からすれば、歴史など為政者に都合よく書き換えるのが常套となります。だからここは国や民族ごとに歴史をとらえ、隣りと違っていて当然と認識するほかないと思います。「日中韓で教科書を摺合せよう」という動きもありますが、不可能と思います。

  • 衝撃事実拡散

    最近異常気象が目立ちますど、台風も地震も大雨も、米国がHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)で作り出したもんです。「HAARP、地震」 「HAARP、台風」等で検索してもらえば出ます

    この世の痛み、病気、自殺、殺人、墜落事故、交通事故、火災等、この世のほぼ全ての災いを【人工知能】を使って秘密裏に作り出してる組織がNSAで、総括してるのが【米国防総省】です。この犯罪は、米国がやってる犯罪です

    この犯罪の主犯各は、米国の諜報機関(スパイ)のNSAです。CIA(スパイ)が創価を日本統治に利用してるってのもあって、NSAが創価の悪事に便乗して、創価になりすまし、創価を利用してやってる犯罪です

    人工知能を活用したレジ不要のコンビニ、米アマゾンの「Amazon Go」このコンビニは、人の動作、音声、商品棚の重さ等を【人工知能】が細かくチェックして、お客が商品を持って出ると、ケータイで自動精算されるので、レジが必用無いわけです

    このシステムからわかる事は、人工知能は、多くの人の行動を1度に管理出来るし、多くの人の一挙手一投足を、見逃さずに監視出来るって事です

    この人工知能の技術を米国が悪用して、遠隔から地球上の全ての人を、24時間体制で監視盗聴して、悪さをした人や創価に逆らった人を病気にしたり、事故らせたりして災いを与えます

    こんなに大規模な犯罪なのに、あまり世間に浸透してないのは、人工知能が遠隔から各個人の生活スタイルを24時間体制で見て、生活に沿った病気や痛みを与えて来たからです。重い物を持ったら腕に痛みを与えたり、ツラい事があったら鬱にしたり等。相手に覚られず、任務を遂行するスパイ組織が主犯各なんで、私生活に便乗して、違和感を持たせずにやります

    【重要】青森県三沢基地には、 NSAの電波傍受(盗聴)施設がありますし、世界中に通信傍受施設を配備してるので、地球上のどの地点にいても、ケータイやPC等の通信機を介して盗聴します

    この犯罪は、GPS (全地球測位システム)を使ってやるので、地球上のどの地点にいようと、どんな建物の中に入ろうと、継続的に、監視追跡出来ますし、どこに居てもピンポイントで、痛みやカユミや病気を作れます

    そもそもGPSは、米国防総省が軍事目的で開発したもので、管理運用も国防総省がしてます。NSAは【国防総省】の管轄で、CIAが大統領の直轄です。台風や地震を作り出すHAARPも、米国防総省主導によるプロジェクトです。つまり、この地球規模犯罪を総括してる組織は、米国防総省って事です

    ノイズキャンペーン(騒音の嫌がらせ)に至っては、救急車のサイレンで嫌がらせする為に、人工知能が重篤な患者を作り出しますし、パトカーが付きまといをする集団ストーカーは、警察に通報させないように、人工知能が警官を操って、いかにも警察が嫌がらせしてるように、工作します。警官は、自分が操られてる事に気付いてません。これらは全国でやってますから、警察関係者は知らぬ間に、多くの人に恨みをかってるって事です。警察の内部事情は全て筒抜けで、パトロールに行く時間も全て人工知能が把握してますから、それに便乗する形で警官を操り、定規で測ったかのような、神懸かった抜群のタイミングで集ストします

    行く所行く所で周りの人が咳払いしたり、くしゃみをしたりする集団ストーカーは、人工知能が被害者の周りの人に波動を当てて、咳払いやくしゃみをさせてるだけです。いかにも集団でストーカーしてると思わせて、心理的負担をかけてるだけです

    咳をした時の周波数と同じ周波の波動を当てると、人為的に咳を出させる事が出来ます。例えば、TBSラジオ90.5MHz、ニッポン放送93.0MHzに周波数を合わせると、これらのラジオを聴けます。これと同じように、食欲が湧かない時の周波数、眠れない時の周波数って具合に、それぞれの周波数と同じ周波を当てると、ラジオが切り替わるように、その状態に切り替わって、意識操作や精神疾患を作り出せます

    生態の周波数コードを読み取って、脳波パルス信号に、同じ周波数を送ると、波動が共鳴して、その状態に切り替わります。例えば、人が右に曲がる時の周波数コードを読み取って、その周波数と同じ周波を送ると、いとも簡単に右に行かせる事が出来ます。これを利用すれば、警官を操って、パトカーに集ストさせる事も、たわいないです。好き嫌いの感情、食欲等を操る事なんか、造作もないです

    例えば、蛍光灯に虫が集まるのは、ある決まった周波数の紫外線に、吸い寄せられてるからです。逆にいうと虫ですら、周波数で操作が可能って事です。昆虫類は、それぞれが違った周波数の光に誘引される性質があるんで、どんな虫でも周波数を変えると、自在に操作が可能って事です

    創価が仏敵によくヤる、家の中に害虫を呼び込んだり、カラスを屋根の上に集めて暴れさせたり鳴かせたり、犬を吠えさせる嫌がらせも、人工知能が軍事技術を用いてヤってます

    ちなみに、27~38Hzで不眠に、48~55Hzで喘息に、88Hzで片頭痛が引き起こされます。それぞれの病気が、それぞれ決まった周波数を持ってます。これらの周波数と同じ周波を当てれば、どんな病気でも作り出せるって事です

    CHAGE&ASKAのASKA氏が釈放されてすぐに、新潟県糸魚川市で大規模火災発生

    ASKA氏が、集団ストーカーの事を記した700番て本を、2月17日に発売してますけど、この本が発売される1日前の2月16日に、通販会社のASK UL (アスクル)の倉庫が、1週間近くに渡って燃え続ける火災発生。創価の本尊を燃やすと、その家が火事になるんですけど、これらは全て人工知能が工作してやったもんです

    特に創価の活動家には、頻繁に災難が降りかかるんですけど、信者は皆、魔(仏罰、現証、非科学的な原始的発想)にヤられてると思ってます。災難が続くと、信者は仏にすがって、学会活動や選挙活動に精を出すようになるので、定期的に科学技術で災いを与えます。モチベーションを上げさせる為の、起爆剤みたいなもんです

    これらも人工知能がやってます。人エ知能を悪用した奴に厳しい罰則を与えるような法整備や、多国間での取り決めをしないと、米国が人工知能を使って、これからもやりたい放題やります

    犯罪組織を特定して、拡散していく事でこの犯罪は減って行きますから、盲滅法にバラまいて、世間に浸透させてます

    https://shinkamigo.wordpress.com

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。