不安なのは「なにが起こるかわからない」からではなく「自分になにが起きているかわからない」から

カエルを踏みそうになった

なにが起こるかわからない時代

という言い方をよく耳にする。現在の混沌とした社会を評してのことなのだろう。とつぜんの大災害。日本海ににミサイルを打ち込む近隣国。猟奇的な殺人事件。給料は上がるんだろうか? こんなに国が借金があるのに、老後はほんとうに大丈夫だろうか?・・・

ひとは先が見えないと不安になる。言い換えれば、確約された決まりごと以外はみな不安でしかない。良いことも起こるはずなのに、そんな楽しみよりも、悪いことばかりに焦点を当てて不安になるのだ。これはもう本能なのだろう。滅亡を繰り返してきた人類の警告バッジが、ひとぞれぞれのDNAに組み込まれているのかもしれない。

だが思うのは不安の正体は「なにが起こるかわからない」からというより、「いま自分になにが起きているのわからない」からではないか。そこを正しく認識しないまま、漠然と先のことを不安視している。自省を込めていえば、ぼくたちはつい、自分のことくらい自分がいちばん知っていると思い込む。良いところもあるし悪いところもある。こういうことがあれば、自分ならこうするだろうことも知っている。認めたくはないが短所もある。表にはあまり、さらけだしたくないものだ。

でもこのことが、自分のことを知ったつもりになっていることが、いま自分に起きていることを曇らせているのではないか。そのくらい知っている。そんな簡単なこと、知ってるに決まってるじゃないか。知ったつもりになることで、自分に起きているなにかから目をそむけているのではないか。

ほんとうは
自分はわかっていない
のである

それが不安の正体である。
誰も先のことなんかわからない。わからないから「いまここで起きていること」に耳を澄ませ、観察する。自分で調べて、ひとに聞く。恥ずかしいことも聞く。先のことなら誰も知らないから聞きようがない。でもいま起こっていることなら誰かが知っているし、自分が気づかなかったことを耳打ちしてくれる。答えがないから不安になるんじゃなく、聞きもしないから答えもない。それで不安がっているのだ。慢心こそ不安の元凶である。

気もちがラクになったのは「自分はわかっていない」ことがさらけ出されるようになってからだった。自分の弱いところや傷つきやすいこと。それを隠すんじゃなくオープンにすると、力になる。

起きてくることに自分を開く

この感覚がつかめると、すごく気持ちがラクになる。なにが不安だったのかもわかるし、どう打ち消すか対策も取れる。不安なひとは自分だけが不安でいることに耐えられず、他人をも不安にさせる。不安の伝播はこうして起きるが、オープンでいると不安が留まらない。自分で対応できるところがわかるから行動に移せるし、それ以外のどうしようもならない部分に心を傷めずにすむ。どうでもいいことに、囚われなくなる。

 

なにが起こるかわからないから不安になる。
というのはウソで、自分になにが起きているか知らないままだから不安なのである。

 

 

 

1 個のコメント

  • なんて深いんでしょうか。
    この記事、何度も何度も読み返しています。他の記事も何度も読み返していますが、この記事は特に。
    思い当たることが多すぎて。
    タイムマシーンがもしもあったなら、過去の迷ってもがいてた自分に教えてあげたい気持になりました。

    これからなにか不安なできごとが起きたときには、この記事を読むことに決めました。なんだか毎回お礼言ってますが、本当にありがとうです、なおきんさん。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。