笑顔はだれかにもらうんじゃなく、自分で作るもの?

整形美人に違和感を

楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しいんだ。We don’t laugh because we’re happy – we’re happy because we laugh.

心理学者ウイリアム・ジェームスの名言である。人間は”感情”によって”意識”が引きずられている。このことをジェームス氏は19世紀に最初に気づき、仮説立てた。その後たくさんの研究者によって理論の正しさを証明していった。

顔の整形をすると感情反応が鈍くなる。能面のような印象を整形美人にもつのはそのせいだ。例えばシワ伸ばしに使われるボトックスの注入により、筋肉がうまく動かせなくなることがある。特に小さな筋肉が集積されている顔だけに、少し異物が入っただけで影響を受けるのだ。表情筋が鈍り、それによって感情が鈍り貧相になる。

「表情を作ることで相応しい感情が生まれる」というのは、いろいろ応用できる。悲しいときに笑顔を作ったり、リズムよく体を動かすだけで、だんだんと気分が明るくなってくる。イラッとしたときぼくは反射的に口角を上げるが、それだけで怒りが鎮まってくるのを知っているからだ。密かにこれを、ぼくは「自動消火装置」と呼んでいる。

フロイトは「抑圧された感情は発散させるべきだ」という。いわゆる「ガス抜き論」である。感情の過剰な抑圧が神経症を誘発するから、溜めずに発散せよというわけだ。だがこれは近年の行動科学の研究で、間違いとわかった。

ある実験がある。
自分の書いた文章をさんざんけなされた被験者たちを、片方を貶した相手の写真を見ながらサンドバッグを叩かせ、片方は部屋で2分間静かに瞑想させたところ、サンドバッグを叩いた方はさらに怒りが強まり、瞑想した方は怒りが収まっていたという。

サンドバッグ

これらのことを、リチャード・ワイズマン教授は「as if(アズ・イフ)理論」と呼んだ。as if (まるで、〜のように)にふるまうことで、感情がそのようになっていく。笑顔でいれば気分が明るくなり、不機嫌な顔をしていればますます不機嫌な顔になるというわけだ。

よく「みんなが笑顔になれるよう努力します」といった標語を見かける。これ的なものを理念にしている会社もある。それで、中には笑顔というものは誰かが自分に与えてくれるものである、などと勘違いしてしまう。行き過ぎて、わたしが笑顔になれないのは世の中のせいだ!と、不機嫌になるひとまで出てくる。

だがこれは、発想が逆である。
そもそも笑顔は他人から与えられるものじゃなく、あなたが作り出すものだ。自ら笑顔を作ることで気分が良くなり、いいことが起こりやすくなる。「あの人いつも明るいね」といわれる。不機嫌な人の周りには不機嫌な人たちが集まるが、上機嫌にふるまえば上機嫌な人になり、いつしか上機嫌な人たちに囲まれるようになる。

悲観は気分であり、楽観は意志である

顔を上げ、胸を張ろう。そして口角をあげるのだ。
ずばり「楽観は意思」なのだから。

 

2 件のコメント

  • サンドバッグの話、衝撃的でした!
    逆だと思い込んでいました。
    怒りがおさまるものだとばっかり。
    しかも、「笑う門には福来たる」の意味もちゃんと知っていたのに。
    それを知っていたら、サンドバッグを叩けば余計に怒りが増すということに繋がるはずなのに。
    いかに、言葉を端的に捉えてその先まで深く理解するまでには及んでいないかということだなぁと実感しました。

    となると…。
    プラス思考ばかりじゃ疲れちゃう。
    マイナスな言葉を発しないように「我慢するよりたまにはグチを言って発散しあうとストレス解消になりますよ」なんて雑誌にかいてあるのも、いやいや、ほんとはどうなの?我慢するんじゃなくて気にならないくらいに自分の器を広げるってところを本来は目指すのがいいよね。ってすんなり思えました。

    右か左かではなくて上を目指すという思考回路になれて嬉しいです♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。