春のコンビニ、女子大生

f:id:naokin_tokyo:20090402071944g:image

 

春である。
会社の近くに有名な女子大があるからか通りには新入生なのだろう女の子たちが、それこそ花びらのようにひらひらと舞うように歩いている。
普段なら弁当を求めるオジサンやキャリアなお姐さんたちで占められるコンビニも、そんな女子大生たちのおかげでまるで生協のようだ。

そのような女子大通りを、「思慮深そうに、デキるビジネスマン」ふうを装い、普段以上に眉間にしわを寄せて闊歩するスーツ姿のオジサンたち。 だがどうみたって鼻の下が高田純次である。

ぼくもその中のひとりに違いないんだろうけど、さすがにこの歳になると20歳前後の女の子は「ひとりの女性」というよりは「娘」。

「もしあのとき子供を作っていればこのくらいかな?」
などと、少々複雑な思いすらある。 もし自分の娘だったら、こんな顔だったろうか? まてよ、こっちかもしんない。 いやいや、こっちのほうがいいな。 とだんだん妄想めいてくる。 そのうち、女の子のひとりから
「も、もしかして、お父さん・・・!?」
なんてことになったらどうしよう? と思う。しかもその娘、よりによってヤクザの愛人だったりするのだ。 20年ぶりの愛娘との出会い、しかしその感慨にふける猶予はない。 誰との子だったんだ? 的なことはさておき、ともかくヤクザと縁を切らせる方法について思案する。 やっぱり事務所に乗り込んでいって指を詰めるしかないんだろうか? 困ったなあ、と思う。 小指がなくなっちゃうと、ドラムスティックが握りにくくなってしまうのだ・・・

とここまで考えていたとき、小さな異変に気がつく。

コンビニのレジ前にたむろする女の子集団が、怪訝そうにこちらを見ていたのだ。 どうやらしばらくぼくの視線はその辺りに漂っていたらしい。

「い、いや、娘が・・・」
言い訳にならない言い訳を口ごもりながらバツ悪く、足早にコンビニから立ち去ろうとするぼくの背中に、店員の声がささる。

「お客さま、お弁当をお忘れですっ」

 

暖めてもらうんじゃなかった、と少し後悔するのだった。

 

人気ブログランキングです。応援ポチしてやってください
人気ブログランキングへ




10 件のコメント

  • 想像力が豊かですね。少しばかり注視しすぎたのでしょううか。 ところで、駅・大型店・コンビニの弁当はHACCPの対象外とのことです。また、HACCPが品質管理というのは誤解で、正しくは「危害要因分析(に基づく)必須管理点」です。つまり、個々の生産ライン毎のハザード分析による危険度の判定です。
    <女の漢字>
    娘(娘十八番茶も出花の良き時代)
    嫁(家と家の結びつき時代の名残り)
    嬶(やがて鼻に付くようになると、かかあ)
    姑(古くなり、実権を握る頃)※姑娘(クーニャン)は年若い女、未婚の女
    姥(老いて霊力を持つと、山姥)
    ●その他に
    嬲る、嬲る:なぶる
    後妻打ち(うわなりうち)本妻が後妻(うわなり)を嫉妬して打ちたたくこと 

    ○ブログへの初コメントを戴き、有り難うございます。主筆も喜んでおりました。

  • 新人さん、居るだけでキラキラしてる。夢も希望も胸一杯で、明るい未来が待っている〜!なんて感じてるだろうね…
    と勝手に妄想してる昔の新人です。
    このご時世、もっと本人達はシビアでしょうけど。
    なおきんさんなら、二十歳の娘さんがいても自然ですものね。
    己の若気の至りの数々で、箱入り娘にしてたりして…
    娘さんが幸せなら、お相手がヤクザさんでもいいじゃないですか。
    家田荘子さんの本にもあったじゃないですか、『たまたま好きになった人がヤクザだった」って。
    もっと面倒な奴なんて、いっぱいいるじゃないですか。
    話は変わり…
    私、ペーパードライバー歴が長かったんで、新免では無いのに若葉マークをつけて運転していた時期があって、その時、カマ掘られちゃったんです。
    警察での事故手続きの時、いい加減人間な私は、自分の年齢すら把握してなくて、お巡りさんが生年月日から計算してくれたんですけど、その後、1分も経たない内にそのお巡りさんと車の被害状況を見に外に出て、車を見たお巡りさんが一言「若葉ついてるんだね。娘さんとシェアしてるの?」
    ちょ〜っと待った!
    今、私の年齢を言ったのはあなたですよね!
    免許を持つ娘がいるとしたら、私、義務教育期間に出産してることになりますよね!
    ヤンママだステップファミリーだと、様々な家族形態が増えてますが、お巡りさんには私がどう見えたのでしょう…?

  • わたしもよく素敵な人がいると結納くらいまでは
    脳内で行います。あーたのし。
    女子大生とか新入社員とか、ほんと輝いてます。
    すさんだわー自分。
    なおきんさん、ふいに20歳くらいの子と結婚しちゃいそうな
    イメージだったんですけど違ったのかしら。

  • 娘のために指つめまで考えてくれるお父さん…愛ですねぇ♪
    私も、ダンナの子供と名乗るハタチぐらいの男の子が、ある日突然訪ねてきたら面白いなぁと妄想する時が。(なんでこういう時って子供は大抵異性なんでしょう・笑)
    でもすごくダメな子に育ってて、ヤミ金とかに追われてて、助けを求めに苦し紛れに現れたんなら困っちゃうなぁ、とか…(笑)

  • こんばんは、なおきんさん。
    桜そろそろ満開ですね。
    妄想・・かぁ・・私、今までかつて、妄想したことないんです。。
    なおきんさんが、しょっちゅう妄想してるみたいなので、色々リサーチしてみると、結構、妄想癖のある人、多いですね(笑)妄想の練習しようかな。でも何も浮かんでこないかなぁ・・

  • 妄想は女の特権かと思っていたけれど(爆)
    なおきんさん、相当面白いっ!!
    それに、肉球ツボです♪
    ムヒムヒ動いてるし「ニャア〜」と言ってくれるし(*^。^*)こういうのって色々バージョンあるんですか?

  • ターボペンギンさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    なるほどコンビニ弁当はやや審査が甘い、ってことでしょうか。便利と品質はバーターされるんですね。「女の漢字」興味深いですね。でもなぜ”姑娘”と書いて”年若い女(クーニャン)”なんでしょうね。ブログ、いい感じですよ、がんばってくださいね。
    ——————————-
    aminaさん、ふふふ、こんな妄想を気に入ってもらいうれしいです。ふふふ。
    ——————————-
    しのっちさん、春はこんなふうに妄想しがちですが、夏はきっと暴走しちゃうと思います。
    ——————————-
    faithiaさん、ぼくにもし二十歳くらいの娘がいたら、なにかとたいへんでしょうね。いっしょにカウンターでお酒を飲んでみたいです。「おむつ」替えたときの話など、したりとか。事故の話、つい笑ってしまいました(すみません)。警察のひと、ホントfaithiaさんがいくつにみえたんでしょうね?
    ——————————-
    りんごちゃん、脳内結納、いいですね。そうやってシミュレーションできるから、あんがいムダな結納をしなくてすんでるのかもですね。 ぼくが結婚したのは相手とつき合い始めたのは20歳のときでしたが、ぼくも同じく20歳でした。この歳だと、さすがに20歳の子はちょっと・・・。
    ——————————-
    じゅん爺さん、山本モナさんが復活してよかったですね。 ちなみにモナさんともえさんは、別人でしょうか? すいません、芸能界に疎くて・・・。
    ——————————-
    gohachiさん、ぷちおひさです! 妄想する子供ってどうして異性なんでしょうね。 まあそのほうが、妄想が膨らみやすいんでしょうけど。でも人間って、つい日常に飽きちゃうのか、ちょっとしたドタバタ劇を求めているのかも?
    ——————————-
    ニモさん、そうですか。あまり妄想されないんですね。 まあ妄想癖のある人ってなにかとややこしそうですが、まったくないのもなんだか寂しい感じがします。妄想に適している場所は「移動中」。列車やクルマ、飛行機の中ですね。がんばって妄想してみてくださいね。
    ——————————-
    HARUママさん、いえいえ妄想は人類共通のおもちゃです(笑) コツは終わった後にちゃんと片付けること、です。それが出来ない人のことを妄想癖のある人と呼びます。肉球、喜んでいただきうれしいです。ほかにもいろいろバージョンがあったと思います。試してみてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。