立ち去りたい場所

一刻も早く立ち去りたい場所
あなたにも多分あると思うのだけど、
ぼくにもそんな場所がある。

見えないものが見えたり、
いるはずのないものがいる場所
を別にすれば、ぼくにとって
「観覧車」がそんな場所である。

初めてあれに乗ったとき、
最初は「なにこれ?」という感じだった。
それが、だんだん上昇するにつれ
がたがたと身体に震えがきた。
それが恐怖によるものだと認識するのに
ちょっと時間がかかるほどの突然さ。

ぼくは
いわゆる高度恐怖症でもなければ
閉所恐怖症でもないのだけれど、
閉所と高所が同時にある場合には、
とつぜん恐怖にかられるようなのだ。

だけど乗るまではそんなこと
まったく意識しなかった。
自分にそんな弱点があるとは
初めて乗るまで気付きもしなかった。

子供のころまでは
遊園地といえば、ジェットコースターと
お化け屋敷という相場が決まっていて
観覧車なんてかったるくて乗ってられるか
というかんじだったのだ。

だから「そのこと」に気づいたのは
もうだいぶあとのこと。
社会人になってからであった。

初めて乗った観覧車
あの恐怖は今でもはっきり憶えている。
じわじわくる恐怖というやつだ。
沈みつつある大型客船でひたひたと水が迫る感じ。
降りたくても降りられない。次第にこわばる身体。
昇降時間も意外と長い。永遠とも思えるほど。
1回転するのをじっと恐怖に耐える時間。
思い出しても冷や汗が出る。

スカイダイビングもいい。
バンジージャンプだってガマンできる。
車のトランクに押し込められても大丈夫。

でも、観覧車だけはいやだ。

「片思い 観覧車のあと 両思い」

胸がドキドキするのはなぜ?
この人のことが好きだから?
本当は乗り物のせいなのに、恋と勘違い。
そう、人間の脳はわりと簡単に騙される。

ぼくの場合は
胸のドキドキ感をはるか超越して
恐怖のどん底の心境である。
そんなぼくと一緒に乗り合わせたならば
その人は幽霊、しかも悪霊であったように
ぼくに記憶されてしまうにちがいない。

気の毒といえば気の毒である。

酒に酔って船に乗ると船酔いしない。
と誰かがいっていたのを思い出す。
自分が今どちらで酔っているのか
判断つかなくなるからなんだそうだ。

なるほど。ならばいっそ、

幽霊と一緒に観覧車に乗れば
怖くなくなるんだろうか?

でも観覧車って、
よく出るらしいですね。

__




5 件のコメント

  • うふふ、観覧車ですか。ウィーンの観覧車、数回乗りました。しかし、あそこの肝は、その遊園地のカップルの巣くる所でした。「当てられる」が適当な言葉なその場所、何がどうしてか分かりませんが興奮しました。しかし、しか〜し、本当の想い出は、清純な地元の女子高生がその十年後に薄汚れ、その子が思い出したモノが、あの観覧車だったことです。彼女は脳腫瘍で死んでしまいましたが、死に際に「学校の遠足で行ったプラーター、そこの観覧車にもう一度乗ってみたい」が口癖だったとか。たかが観覧車、されど観覧車、観る者、乗った者、あこがれる者、様々な想いを持たせる魔性の乗りモノ?今晩は別に酒なんか飲んでいません、あしからず。

  • なおきんさん

    ああなんだか観覧車、久しぶりに乗りたくなってきた!

    (とコメントしたくなるような記事でした☆☆☆)
    hiro

  • なおきんさん
    いつも楽しく読ませていただいてます!
    ふと思ったのですが、閉所と高所が両方なければ大丈夫だとすればロンドンアイなどいかがでしょうか?かなり広そうですが
    やっぱり密室だから駄目ですかね(笑)

  • あ〜私も観覧車は超だめです。高狭途中下車不可低速のかたまりのような乗り物ですね。あのじわじわとした恐怖感は下から見上げただけでも襲ってきます。
    スキー場のゴンドラもちょっと苦手。乗った瞬間に逃げたくなります。
    もしかしたらいつも逃げたいのかな〜なにかから…

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!ウイーンの観覧車は世界で最も古いと云われる、あれですね。なるほどいろんないわくがありそうですね。まったく魔性の乗り物です。若いカップル、ヘンに揺らして落っこちたらエライことですね。

    ——————————-

    hiroさん、

    ああ、観覧車お好きでしたか。なんだかうらやましいです。観覧車が苦手でなければ、ぼくにだって人生にもっと彩りがあったのかもしれません。ないでしょうけど。

    ——————————-

    Cropさん、

    初コメントありがとさまです! ロンドンアイ!? あんなコワイ物、ぜったい乗れなさそうです。外から見るだけでもこわいです。オリンピック見てると、たまに映りこんでますよね。ああこわい。

    ——————————-

    gioさん、

    ああ、仲間がいてほっとしました。意外と観覧車がキライという人が周囲に少ないんです。「理解出来ない」ってきっぱり云われます。ぼくは、スキー場のゴンドラはだいじょうぶです。高さが一定していると平気なのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。