そそられる美しいボディ

薄く、美しいボディ。
まったくなんだって、こんなものを作ったのだろうと思う。
それは一枚のアルミニウム製の工芸品。
しかも、パソコンとしても使える。

MacBook Air

スティーブ・ジョブズが明らかに日本市場を意識して2008年1月に発売した、世界最薄ノートパソコンである。

茶色のマニラ封筒から取り出されるシーンで有名なあのCM。
ネットが使え、軽くて小さなパソコンならば5万円で手に入るようになったこの時勢で、廉価モデルですら23万円もした。 上位モデルだと39万円もする。

「美しいが、それだけだ」
DVDもCDなどの光学式ドライブは同梱されず、CPUやメモリー、HDDも驚くほど容量が小さい。 LANコネクタさえない。 バッテリーもメモリー交換も出来ない。 「ムダを省いた」というけれど、これでは省き過ぎである。

このような「美しいだけ」の商品を選ぶには、相応な美学が必要なのだろう。 たいした美学も持ち合わせていないぼくがそこに到達するためには、いくばくか回り道が必要だった。

昨年、ほとんど動かなくなったパソコンの買い替えをきっかけに、思いきってMacBookを使い始めてから約1年。 気がつけば、すでにWindowsには戻れないカラダになってしまった(会社では使ってるけど)。 「ただの道具」であるはずのパソコンに、妙に愛着を持つようになったのだ。

MacBookはたしかに便利だけど、たとえば前回の旅行のようにあちこち持ち歩くうちに、だんだんとその重みに耐えかねなくなってきてしまった。 たかが2キロ、されど2キロである。 鞄と本を一緒に持ち歩けば、4キロ近くなる。 けれども小さなパソコンは長時間のタイピングに向かないし、グラフィックをいじる作業には非力すぎる。

MacBookがあと1キロ軽ければ・・・」
そう願わずにはいられない。
そこでふたたび検討を開始したのが MacBook Air。 お店でさわらせてもらうと、もう後戻りできないほどに美しい。 所有欲がむくむくわいてくる。 まるで10代の性欲のようである。 片手で軽々と持ち上げれば、だんだん美しい愛人をお姫様抱っこをしているような気分になってくる。 思わず抱きしめてしまう展示品、そばにいた店の人を慌てさせてしまう一幕も。 いやあ面目ないです。

しかし次の壁は値段。
「あと10万円安くなってくれれば・・・」
そう思いながら自宅でネットを徘徊。 午前4時。
おそらく理性も経済感覚も眠ってしまっていたのだろう。
夢半ばに、気がつけば注文してしまっていた。

やがて届いた”Air“.
薄く、しなやかに美しい筐体に、初期設定する手も思わずとまる。 まったく余分な脂肪がないアルミボディ。 軽いのに広い。 照明を落とした部屋では、自動的に光るキーボード。 光量がしぼられるディスプレイ。
ふつう、買う人が商品を選ぶものだ。
けれども”Air”は、商品のほうから買う人を選ぶように思える。


△ 立ったまま操作できてしまうほど軽い(しないけど)

生活スタイルと美学
Air“が欲しくなったら、たぶんあなたは選ばれたのかも。


MacBookからのデータ転送も、無線で驚くほどカンタン!


△ これはちょっとブラックジョーク・・・

ああ、へそくりが消えていく・・・
今日の応援、どうかひとつ人気ブログランキングへ




7 件のコメント

  • なおきんさん、こんにちは!なんか、なおきんさんの歪んだ愛情が・・・とうとう人間ではなく、機械に対して愛情を注ぐようになってしまっているではないですか・・・。選ばれし人よ!眠れないのは、コンピューターで遊びすぎなのではないでしょうか?寝る直前まで画面を眺めたりしていませんか?私は大學の勉強の為にPCをズーッと使っていたら、そのバッテリーだか何かが立てる音の所為で、耳鳴りがするようになりました。しばらく離れたら治りましたが。薄くって軽い愛人と遊びすぎないよう、お気をつけくださいね。

  • 相当入れ込んでますね、なおきんさん。
    今日はMacの話題で偶然ですが、私も日曜日にさわって来ましたよ。Macヘビーユーザーの友人と連れ立ってカメラを買いに出かけたのですが、買い物を早々に済ませてしまうと、やっぱり立ち寄ってしまいました。Macのコーナー。今回買い物に出かけた街にはMacの専門店がなくて気分的にはやや消化不良気味に終わりましたが、それでも一時間以上2人で楽しんでしまいました。買わないお客で、店員さんには申し訳なかったですけど、面白かったです(笑)。持つべきものはMac大好きという友人ですね。
    実際にデモンストレーションしてもらうと、ほしくなってしまいましたよ。Macって、賢い! 私は今のところパワーのあるMacbookがいいなあ。う〜ん、ほしい!

  • パソコンが壊れてからWindowsからMacへ移行、今では完全にMACにハマってます。ヘビーユーザーではないので基本ソフトのみ使用だけなので、衰えて行く我が肉体への負担軽減を理由にAirを買いました。慣れればマウスすら煩わしくなり、周辺機器を持つ必要がなくなった。ノートパソコンとはこうあるべきだというスティーブ・ジョーンズのこだわりが感じられる一品です。購入後、気づけば自分の回りはマック製品に囲まれる状態・・・。完全に彼の手の上で転がされています。

  • 薄く、しなやかなボディ〜。パソコンに限らず、息を呑んで見とれますよね!!

    AIRのCMには確かにそそられました。

    しかし、ヘソクリが〜?!、、

  • ぷうさん、一番ゲットおめでとさまです!
    ご心配いただきありがとさま。 実のところ自宅でパソコンの前に座っているのはブログを更新するときくらいで、ほとんどは読書や夜の散歩(犬)や運動、あとは飲酒や愛人と乳繰り合ったり(冗談です)、ドラムたたいたり(!)とかに費やされます。せっかくの「軽い愛人」も稼働率低いです。なんかこう、眠れないんです。ていうかやりたいことがいっぱいあって眠りたくないんです。欲張りなだけでしょうけど。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、アップルの製品って「パソコンかくあるべし!」的な機能性とギミックに満ち満ちてますね。スペックや理屈よりもまずあの美しさ。Vistaで株を落としたマイクロソフトとの差が歴然。もし機会があればアップルストアに行ってみると楽しいですよ。無料でソフトウエアの使い方教室もあるし、音楽ライブもあります。
    ——————————-
    OSさん、アップル製品は魅力的ですが、商品スパンが短いのが善し悪しですよね。たとえば"Air"についても、発売後一年でアップグレード。実売で半額になり性能で2倍。初代機をローンで買った人は泣いたでしょうね。ものに愛着を持って長く使うユーザーへの特典も考えてほしいですね。
    ——————————-
    うらっち、ひさしぶり!元気?
    ところで同じAirとはまたすごい偶然! こうなったら元メンバー全員これに統一ってわけにもいかないだろうけど、マックユーザーが増えて師匠は喜ぶのでは? それにしてもスティーブ・ジョブズにしてやられて早一年。いつのまにかマック3台、iPhone2台が家を占拠してる・・・
    ——————————-
    もぐさん、パソコンは軽くても人間は軽くてはいけません。 重く深く滋養と愛情にあふれた人こそ選ばれます。 あと過度のダイエットはホント危険。気をつけてね。
    ——————————-
    ひろポンさん、おひさしぶりです! 鍛えられた健康的なボディはあこがれですね。ところで「へそくり」の原資は「無駄遣い貯金」。無駄遣いしたつもりで貯金する(現金で)のを一年やると、けっこうたまります。「もう一杯」を我慢する、「タクシーで」をがまんする、「あのシャツ欲しい」をがまんする、などなど。でもまあ、それを衝動買いで散財させるのもどうかと思いますけど。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。