2020年オリンピックは広島?

f:id:naokin_tokyo:20100221053541j:image

2020年、あなたはどこで何をしているだろう?
そんな先のこと、わかるわけないじゃない!明日もわかんないのに
と逆ギレするひともいるかもしれない。

たしかなのは、いまより10年歳をとるということだ。
35の人は45に、45の人は55に、55の人は65に・・・
やれやれ、ぼくなんて56歳だ。
いったい、どこで、何をしているんだろう?
ビジョンはあるが、予想はおそらく裏切られることだろう。
36のときに予想した、10年後といまが違っているように

10代の頃は、10年先なんてもう永遠のように遠かった。
それが歳をとるにつれ、しだいに「10年先」の距離感が縮まっているような気がしてきた。 というのがなんだかせつない。

 

2020年といえば、第32回夏季オリンピックの年でもある。
2012年がロンドン、2016年がリオデジャネイロ
大胆に予想させてもらえれば、その次は広島・長崎である。
「2都市共同開催」は前代未聞だけど、両都市の距離は430km。 そのころはもうリニアモーターカーが実現しているはずだから、それをつかえば一時間以内で結ばれる。 不可能ではない。 今後、関門海峡ホットスポットになるかもしれない。

それはともかく、なぜ広島・長崎か?

キーポイントは「非核化」である。
オバマ大統領がノーベル平和賞をとったきっかけとされる「核廃絶構想」は当初、例によってリップサービスのように聞こえたが、このごろは意外とホンモノだったんじゃないかという気がしている。 核保有国を第二次大戦戦勝国5大国に限定したいとするNPT体制はもはや有名無実だし、実際のところ、ICNND(核の不拡散、軍縮に関する国際委員会)を運営するのは主催者の日本とオーストラリアだけでなく、米国が相当肝入りしていることが明らかになってきたからだ。

ICNNDに真っ向から反対しているのは中国や北朝鮮ではない。 ましてやイランやロシアでもない。
実は、英国とイスラエルである。 どちらも米国のマブダチ同盟国である。

オバマ民主党アメリカは英政府に冷たい。 オバマ大統領と鳩山首相との会談はあっさり実現したが、英国は冷たくあしらわれている。 英国はもがき、あげくギリシャ問題をあげつらって盛んにユーロの信用を落とそうとしているけれど、ほんとうはポンドのほうがよっぽど問題が多い。 英政府はなんだかやけっぱちな気すらしてくる。 いずれにせよ、オバマ政権は英国と距離を置こうとしているにちがいない。

いっぽうイスラエルはどうか?
覚えているだろうか、昨年10月のカイロ会議のこと。
これまで黙認されてきたイスラエルの核保有について、あらためてイランが批判をした。 その前の月に行われた国連総会のイラン代表のイスラエル批判演説には、西側代表達が打ち合わせどおり一斉に退席するシーンがみられたものだ。 ずいぶんわざとらしかったが。
f:id:naokin_tokyo:20100221053542j:image
イラン大統領イスラエル批判演説のようす【2009年9月】
とにかく今回の会議には米国は出席しておらず、イスラエルアラブ諸国に囲まれてまるで四面楚歌状態。 以前ならありえないことだ。 たぶん米国はイスラエル批判の報道規制を解き、もはやイスラエルを支えることをやめたのだろうか? と思った。 米中枢を牛耳っていたはずのイスラエルロビーを越える勢力の存在とはなんだろう? そのうち「アンネの日記」が嘘だったこともばれちゃうかもしれない。

このことがなにを意味するか?
世界の非核化が一気に進むということだ。
それは、日本では小沢・鳩山を潰そうとしている「対米従属主義」のひとたちにとってすごく都合が悪いことなのだ。 だから普天間基地や納税問題でしばらく騒ぐだろうけど、やがて米国の心変わりを知って収束するんじゃないかとぼくは見ている。

「2020年までに核を廃絶する」というオバマの演説は本物だ。
これまでの米軍産複合体ではない別の勢力。 彼らがそれを支えている。 詳しいことはぼくもまだ調査が必要だけど、彼らとはオバマを当選させ、日本の民主党を指揮している勢力だ。

オバマ大統領にノーベル平和賞が与えられたのは他でもない、米軍をして中東でこれ以上戦闘的な行為を起こさせないためだ。 早い話、ノーベル平和賞の意味は戦争抑止力である。 これによって米国のイラン空爆は難しくなった。 そもそもイランの核開発の矛先はまずイスラエルである。 そのことを誰よりも知っている同国は是が非ともこれを阻止したいが、イラン空爆をやりたくても、米軍抜きで単独でやらなくちゃならない。
今のイスラエルはなんだか開戦前夜の大日本帝国のようだ。 近いうち、イスラエルは死に物狂いで中東で大戦争をおっぱじめるかもしれない。 それがマヤの預言がいうところの2012年にあてつけるかもしれない。 ぼくは宗教や預言書の一切を信じないが、これを利用するひとたちは歴史の中でいくらでも出てくる。

そのとき、イスラエル核兵器を使うかもしれない。 使わないかもしれない。 ただし、使用を示唆するだけで世界中から大ブーイングが起こる。 そのことが核廃絶に拍車がかかり、人々はその象徴を探しはじめる。

2020年夏季オリンピックの候補地が決定されるのは2013年。
このときまでに、何かが起こり、何かが変わる。
そして開催地として「広島・長崎」が選ばれる。

というのがぼくの予想するシナリオだ。
同時に、長崎と広島は東アジア主要国の玄関にもなるだろう。
そのとき、脱首都圏的な経済発展が見込まれるかもしれない。
生まれ故郷も悪くないな、とふと思う。

■ ちびきちのつぶやき

f:id:naokin_tokyo:20100221053543j:image
ねえ、むつかしいきじのとき、ぼくをとうじょうさせて、ほっとさせようとしてるでしょ? ぼくだって核のことくらいかんがえてるのさ。 広島でうまれたんだからね。

このブログ、2020年まであんのかなあ・・

人気ブログランキングへ←わしっと押してやってください。




8 件のコメント

  • 外食産業の裏側の管理人さん、一番ゲットおめでとさまです。 ちびきちめを褒めてもらい恐縮です。 これからもよろしければ遊びに来てくださいね。
    ————————
    たまやんさん、どうかご心配なく。 日本はそう簡単には沈みません。世界もね。
    ————————
    なおきんです。 今回のお題はちょっとコメントしづらかったかもしれませんね。どうもすみません。国際政治や外交はなにかとややこしいものです。オリンピックの政治利用もほぼ不文律だし。(ひきつづき、おきがるにコメントちょうだいね、わん! by ちびきち)

  • なおきんさん、こんにちは。

    >オルタナティブ通信
    というブログによると、オバマ氏は
    ロスチャイルドに買収されて、
    水面下で核拡散を企んでいるとか書かれて
    いますが、本当なのでしょうか?

    ネットの情報はピンキリで信じて良いもの
    いけないものいろいろと有る事は分かって
    いても、心配になってしまいます。

    アメリカの大統領と言えども、
    ある勢力の操り人形だと書いているブログ
    なども有りますよね・・・。

    ベンジャミン・フルフォード氏などの
    情報によるとやはり世界を牛耳っているのは
    一部の勢力のようで・・・。

    広島と長崎を通して、やはり私達は
    世界へメッセージを送り続けなければ
    いけないのでしょうね。

    私も、関空を日本のハブ空港にしてでも
    より多くの世界の観光客が広島や長崎を
    訪れて欲しいと思います。
    実際、広島などはすでに世界遺産の
    厳島神社などが有るので人気だと
    聞きますが。

  • ERIさん、深みのあるコメントありがとさまです。いろんな噂が飛び交っていますね。ロスチャイルドは米英中心主義者、これが軍産複合体を支えており、ロックフェラーの多極主義に反発しているようです。オバマさんのバックにはロスチャイルドというよりロックフェラーの影がちらつきます。G7からG20への推移、米覇権をやめさせようとしているので。フルフォード氏の論は極端ですが、たまに鋭い分析をされていますね。いずれにしても対米従属をしてもなんの見返りもない時代がやってきます。小沢さんは予め知らされているようですが・・。

  • すごい大胆予想ですね!でも、この記事を読んでいると何だかあり得そうな気がして来ます。

    ただ一つ気になったのは、ERIさんも触れていますが、オバマ大統領に本当に核縮小の気があるのかということです。大統領就任後にアメリカ兵の撤退どころか増派したことなどから考えると、ちょっと信じられません。

    もちろん世界中が核撤廃の流れになってくれたらそれに越したことはないのですが・・・。

  • 歯切れの良いこの記事、感銘しました。
    「背後」については私に心当たりがあります。
    ズバリ、「ビル・ゲイツ氏」です。彼はWindows3.1の時か
    ら、なんと、「核廃絶」のメッセージを画面に組み込んで
    きたからです。それは、約100回画面を見る度にあるメッ
    セージが視覚的に取り込まれるというものでした。その言
    葉とは、"peace" でした。会社を辞める際にも、新OSにそ
    の志を継ぐように指示したとか。Winodws7の意味は、「究
    極」そして「平和」だとか。オバマ大統領実現のための最
    初の100億円を小分けで寄付したのもビル・ゲイツ氏だっ
    たとかの話も小耳にはさんでいます。

  • riesenmausさん、オバマさんには核縮小どころか、本気で廃絶をめざしていると思います。黒幕はキッシンジャー。裏付けはICNND設立と、G7からG20主体の世界の流れ。その他もろもろあります。いま米国は相反する複数の意思決定があって、現在の主流は軍産複合体でないほうの側と、ぼくはみています。
    ——————————
    昔の同僚さん、でましたねー、ビル・ゲイツ悪魔論(笑) マイクロソフトは伝統的に民主党政権寄りだったから、オバマさんに政治献金をおこなったのも信憑性がありますね。まあ、サブリミナル効果にまで及んでいたとは、想像できなかったですけど(笑)

  • 外食産業の裏側の管理人 にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。