銀の週間、銀の習慣

また1台、マックが増えた。これで4台め、
まったくいい加減にしろという感じである。

ノートブックPCの買い替えをきっかけに、わが家にマックがやってきて早2年。 以来、デスクトップPCも、旅先用PCも、ことごとくマックに置き換えてしまった。 今年からは会社に置いてあるパソコンもマックにしたくらいである。

そのうえ、このたびのMacBook Pro 17″。
アップル製品の中でもっともパワフルで大きなノート、画面がとても広くて重さは3kgもある。 持ち歩けなくはないけど、軽快というわけではない。 ひとまず「リビング専用マシーン」ということにした。


MacBook Pro 17″モデル(手前)。Airと比べてもその大きさも速さも歴然、それでいてデザインは統一感が。

ぼくはもともと筋金入りのウインドウズユーザーである。
1991年、Windows 3.0の時代から20年近くもだ。 使用したマシンだってもう数えきれない。 途中マックを使ったりもしたが、あのころのマックは仕事をするにはあまりにも環境が悪すぎた。

なぜ、いまになってマックか?
きっかけはiPhoneを使うようになったこと。 その研ぎすまされた快適な操作感に魅入られたのだ。 iPhoneはこれまでのどのPDAマシン*1より手になじみ、五官に訴えてきた。 小憎らしいほどのセンスと、デバイスとOSが同じメーカーであることの安定感。 こういう、スペックだけでなくちゃんと感性に働きかけてくる「なにか」がアップル製品にはある。 「ユーザー体験」をとても重んじるジョブズ氏の哲学にもあらためて惹かれる。

継ぎ目のない一枚のアルミニウム板を削って作られるMacBookは、シンプルでとてもセクシーだ。 よけいな出っ張りや接合部分がないし、計算しつくされたフォルムであることがよくわかる。 ボディにべたべたと貼られたシールもない(デザイナーのジョナサンアイブ氏は大のシール嫌いでもある)。 ディスプレイはガラス製、クリアで清潔感を保つ。 ガラスがはめ込まれたパッドはクールで摩擦感がなく指のすべりがとてもいい。 ぼくはプラスチックのペコペコ感があまり好きじゃないのだけど、MacBookにはそのような材質をほとんど使っていない。 だから2年使ったいまも、新品のようにキレイなままである。 アルミニウムってこんなに経年劣化がないんですね。 すごい。


MacBookに装備されたランプ類。左は側面にあるバッテリー残量インディケーター(丸いボタンを押し込むことで表示)。右は正面にあるスリープランプ、まるで寝息をたてているかのようにゆっくり点滅します。こういう人間っぽいところがマックらしいですね。

ボディデザインもさることながら、直近のマックOSの安定感がすばらしい。
Windowsはそうではなかった。 長く使っていると遅くなったり、デフラグ(ハードディスク最適化)だのウイルスチェックだのシグネチャーファイルのアップデートだのと、いちいち作業を中断しなくてはならなかった。 よけいなデスクトップツールで集中力をそがれることもしばしばだ。

マックはおおむねその心配がない。
スワイプの概念を取り入れたトラックパッドは、iPhoneiPadとも共通して、とても直感的で操作しやすい。 MacBookですっかりトラックパッドの虜になったぼくは、デスクトップ用にもトラックパッドを使い始めた。 指の本数で違うコマンドを出せるからマウスに比べて仕事が格段に速いし、なにしろ疲れなくなった。 いいとこずくめである。 あと同じPhotoshopPowerPointを使っていても、Windowsよりマックでのほうが明らかにクオリティが上がる気がする。 アプリケーション自体の機能はまったく同じなのに。



▲ 発売されたばかりのトラックパッド。Bluetooth無線なので取り回しがいいし、ワイヤレスキーボードと併用することを想定したデザインになっている

ぼくのまわりにはマックユーザーはまだ少ない。
けれど、自己啓発セミナー六本木ヒルズライブラリに参加してみると、そこにいるビジネスマンのほとんどはマックを使っていたりする。 名刺交換しながら雑談していると「さいきんマックに変えまして」などと言われる同年輩の経営者も少なくない。

かつてのマックユーザーはTシャツにジーパンというスタイル。
それがいま、ぼちぼちスーツ姿のビジネスマンにも浸透しているようだ。 セキュリティ面もある意味Windowsより堅牢だし、GoogleEvernoteDropboxなどのクラウドサービスを活用すればOSの違いという垣根はなくなる。 会社ではWindows、家ではマック、間を取り持つiPhoneiPad、という使い方が主流になりつつあるのかもしれない。


▲ アルミニウムシルバーの質感はクセになる?

そんなわけで巷はシルバーウイークまっ盛り。
自宅ではシルバーボディのマックが所狭しところがり、
こちらもシルバーづくめである。


▲ ずらりと並んだわが家マック。左上がMacBook(Windows7マシン)、右上がiPad、右下がMacBook Air、左下がMacBook 17″

それからちびきちもシルバーでした。 わん。

▲ 多摩川の河川敷で日なたぼっこ。ややばててます

ここのところお気に入りのパソコングッズ
ロジクール Cooling Pad N100


▲ ひざの上でノートPCを操作していると放射熱が不快。 おまけにパソコンにとってもよくないです。 そこでこのクーリングパッド。 パソコンのUSBポートを通じて電源を供給してファンを回しパソコン下部とひざ上を冷やします。デザインもいいし値段も安かったです。

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PC50

ポッドキャスト番組用の収録に使っています。小さいけれど高性能。 パソコンの内蔵マイクにありがちなサーッという音もしません。付属のクリップで衣料にも装着できます。

ただアップルは1年ごとにモデルチェンジしてくるので、買うタイミングを間違うとちょっとイタイです。ぼくはiPhone4は見送ることにしました。次のモデルに期待します。

*1:iPhoneはケータイというよりは電話付PDAである

4 件のコメント

  • ご無沙汰いたしておりました。

    ご復帰、とてもうれしいです。
    ご無理のなきよう、お続けください。

    ワタクシ、銀婚式も済んで・・・シルバーの仲間入りも間近?!

  • へへへ、私だってマック派だった時期がありました。と言うより、当時はそれしか海外で日本語フォントのROMの入っていないプリンターで日本語が出力できる機種が無かったから、日本で買って持って行ったのです。1987年の事でした。機種は 「マック+」でした。「パラダイス」なる外付けHD(確か容量10MB)も持って行きました。ドットインパクトプリンター、レーザープリンターなども買い足して行きました。RAMも現地で増強して、CPUの熱対策もしながらクロック数アップ、そして爆弾マークとの戦いの日々(特に夏)。全てが良い思い出です。今でもそのマック+は仕事部屋の棚の上に鎮座しています、思い出の品として捨てきれなかったのです。マックって今でこそ実用上全く問題なく使えますが、「自虐的」とも言える昔のユーザーなくして今のアップル製品無しといったところでしょう。まあ、私はUNIXを使っていたので、マ○○○○○○社だろうが、ア○○○社がどうなろうが良かったのですが...今となっては「悪貨が良貨を駆逐する」にはならなかった、なぜならアップル社はUNIX系に全面的に方向転換しましたし、サーバーにWindows突っ込んでいるのは「一部のIT関係者だけ」になりつつあるわけですので...「奢れる者は久しからず、ただ消え去るのみ」なんて感じでしょうか?
    いろいろ書きましたが、マックは良い製品ですUNIXなんで当然ですが。

  • なおきんさんの家はApple storeみたいになってますね。あとMacプロとMacminiを買ったら全商品達成です。iphone3GからSimフリーのiphone4に買い替えましたが、microsimに変わっていたのを知らずに購入。現行SIMを改造して現在は何とか使えるようになりましたが、使いまくっているとあっという間に電池を消耗し、いざという時にiphone3Gに切り替えようと思っても、Simを入れ変える事が出来ず超不便。次のIphoneには電池消費量部分の改善を求めたいと思います。
    中国で通販のテレビを見てるとSkyworthという家電メーカーから出された携帯の名前がなんとMiphone.


    テレビ通販のみ販売しておりもれなくゴールドの腕時計付きで1万円ちょっと。ちなみにこの会社中国ではそこそこ有名な家電メーカーです。中国のモノ作りは現段階でこのレベルです。

  • もぐさん、一番ゲットおめでとさまです!
    銀婚式も無事こなされてこちらも本当におめでとうございました。「ハイヨー、シルバー!」てな気分です。
    ——————————-
    昔の同僚さん、いやはや懐かしいマシーンたちが目白押しですね。MacOSX以降はホント安定してます。なるほどUNIXですね。そういえばあれはいつだったか、Windows NTを非難する記事が何枚もファックスで送られてきたときはびっくりしました。懐かしい思い出です。
    ——————————-
    うらっち、ひさしぶり! 元気そうで何より。おかげさまでApple Store状態。このほかにも、会社から古いMac serverを譲ってもらったり、さらにiPodが4台、WirelessはAirMac extream なんかがごろごろころがってる。つくづく美しいなあ、とたまになでてます。Mac miniもいいね。ほとんど整備済製品で格安で手に入れてます。Appleストアで買えるのに、たまに半額とかいう掘り出し物もあるしね。おすすめです。 それにしても中国製Miphone、あれはひどい(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。