お尻のカタチ

年に数回、温泉にいく。

人生後半戦ともなれば、さすがに身体にガタがくるのだ。
温泉とはそのような40代以降のおじさんおばさんの楽しみだと思っていたら、このごろは(だいぶ前から?)20代でも相当な温泉ファンがいると聞き、なんだかフクザツな気分である。 「日本の高齢化」はなにも実年齢のことだけじゃないんだなあという気がする。

温泉の楽しみは、なんといっても大浴場である。
食事や露天風呂は、いわば「ついで」である。
そんなのわざわざ温泉に行かなくたって銭湯でいいじゃん、と言われてしまいそうだけど、やっぱり開放感が違う。 ぜんぜん。

たっぷりのお湯に首まで浸かり、ぼんやりとあたりを見渡せば、実にいろんな形をした男たちの身体を見るハメになる。痩せている人、太っている人、背の高い人、低い人、若い人、年老いた人。 それらはもう、さながら人間の標本のようである。

目をそらそうとしても、つい視線が止まってしまうのは意外にも「お尻」である。 湯気でけむっているということもあり、浴場では顔の作りよりもボディラインが目立つのだ。 飽食列島ニッポン、それゆえお腹のラインはしょうがないとしても、意外とヒップラインは美醜の分かれ目として重要なポイントであることに気付かされる。

日本はサラリーマンが多く、サラリーマンは事務職が多い。 それは勤続年数に乗算され、務めるほどに座る時間が増長される。 だからどうしても椅子に押し付けられたような「扁平尻」の人たちが多い。 おまけにその部分がやけに黒ずんでいる。 湯けむりでは隠しおおせないほどに。

相撲取りが太っていながらもカッコイイのはお尻の形がいいからだ。 逆に、どんなにスタイルが良くてもお尻の形がすべてを台無しにしているといえるかもしれない。 欧米人や黒人に比べ、日本人がみすぼらしく見えるのは「背格好ではなくお尻」に原因があると、過去に痛感したことをあらためて思い出す。

そもそもお尻の形なんて、本人はほとんど自覚がない。
特におじさんはそうだ。
正面の姿だってろくに見やしないのに、背面ならなおさらである。 女の子のお尻は気になるけど、自分のお尻なんて屁とも思わない。 屁はこくけれど。

そんなことを思いつつ、あたりの「お尻」を観察しているぼくである。 思考がカラめぐりし、やがてのぼせてしまうほど湯に浸かっている自分に気づく。 「男たちの尻々を眺めながらのぼせてちゃってる中年男」それは相当あやしい光景にちがいない。 がともかく、いくら若作りをしてもお尻でバレるのだ。

「頭隠して尻隠さず」とは、このことをいうのだろう。

人間は壮年期を過ぎれば、年追うごとに筋肉が減る。 目立つのは下半身。 筋肉を失えばばその分脂肪がつくから中年時代は太ってくるものの、老年期に差しかかればおのずと脂肪も減ってくる。 伸びきり、だらりと下がる腹の皮、そして尻の皮。 温泉に浸かりながら、老いとは悲しいものだなあと思う。 時はすべての人に平等だが、尻の垂れ具合は長年の生活習慣によるかもしれない。

人間は本来、現代人よりずっと尻の形が良かったと思う。
立ち、しゃがみ、歩き、走る、それらが今よりずっと多かったはずだからだ。 机にかじりつくことも、ソファでくつろぐこともない。 

ぼくは35で自分の尻の貧相さを実感し、40を過ぎてからはスクワットとランジを欠かさないよう努めてきた。 実際のところ、老いは下半身からやってくる。 歩かず、立たず、走らず、では衰えは眼に見えてあらわれる。 老いて介護が必要になる人はたいてい下半身に原因があるものだ。 「転倒」がきっかけで歩けなくなり、そのことで脳の老化が早まる。 思えば車椅子に杖にオムツ、どれも下半身をサポートするものばかりである。

ラクをすれば、しだいにお尻の形は悪くなる。
だから、そのひとのお尻を通じて生活が見えもする。

伴侶を選ぶなら相手の「お尻」具合をチェックだ。
伴侶に苦労させたくなければ「お尻」を鍛えるのもひとつ。
将来、介護地獄から距離を置けるかもしれない。

髪は女の命、尻は人の命
かもしれない。 気をつけよう。




7 件のコメント

  • 努力で作られた背中に惚れてしまうワタクシですが、お尻もその延長線上にありますね。

    尻すぼまりの人生は哀しいです。

    「人のシリ見て我がシリなおせ 」
    ラテンダンサーのお尻はカッコいいです。
    ルンバウォークという基本の歩き方があるのですが、これをキチンとやると、その訳がわかります。
    よろしければ、お試しを。

  • 確かに温泉に行くと、お尻に注目してしまいます。
    けっこう、ぎょっとするようなお尻をお持ちの年配の方とかいて、
    まさに「人の尻みてわが尻なおせ」です・・・
    ぷりっとしたお尻は、男女かかわらず、セクシーですよね。年をとっても。

  • 変態よばわりされますので公言しませんが
    女性のオシリを観察するのが好きです。
    自分はさて置き、きれいな丸みがあり
    痩せていなくて下がっていない。そんなオシリが理想です。
    海外のアーティストのPVに出てくる
    オネエちゃん(年下でしょうけど)のオシリは
    素晴らしい。うむ。まさにオッサンです。わたし。
    自分も近づけるよう、日々階段登ってます。
    昨晩何故かなおきんさんが夢にいらっしゃいました。
    なおきんさんのオシリ見逃した〜!
    今度よろしくお願いします笑

  • なおきんさん、こんにちは。

    お尻、といえば、私はお尻を褒められることが多いです、男女問わず。コメントをいただくたびに、へえ、お尻って見られるもんなんだな〜&自分のお尻を気にする人多いんだなって思います。(女性からは羨ましい、と言われるので)。

    ところが最近座っていることが多いのです。

    ああ老いはお尻から、そして切実なのが、下半身が衰えるとQOLが低下することです。

    この記事のおかげで意識を改めることができました。頑張りまっす☆

  • なおきんさん、こんばんは!最後の方の下半身をサポートするものばかりって、なんか納得してしまいました。本当にそうですね。ところで大勢の裸を見るような浴場って、アメリカには無い文化です。人の裸を見てはいけないような感覚があります。良く考えたら、日本だったら同性同士だったら、お風呂場で普通に裸になるのに・・・・って思いました。まあ私はなおきんさんのようにお風呂に入って他の人の身体をジロジロと眺める勇気はありませんが。(笑)
    座ってばかりいると、お尻が黒ずんでしまうんですか?座布団つきみたいですね。

  • 欧米白人女性は、ニポン若者男性のキュートなお尻を愛でて,高い評価を下すとか。
    この夏、7歳の甥っ子と温泉行ったら「おじちゃんの尻緩んで垂れてるね」だと(泣)
    ウレセェー、還暦過ぎると垂れてもショウーガないんだよ(悲)

  • もぐさん、一番ゲットおめでとさまです。
    >「尻すぼまりの人生は哀しいです」< いやあ、まったくそのとおりですね。 大浴場では他人の尻をまじまじ見る機会にめぐまれるわけですが、あんな尻、こんな尻。みんなしてお尻合いな感じ。めざすはラテンの尻。さあ、踊ろうか。
    ——————————-
    riesenmausさん、そうでしたか〜。やっぱり見ちゃいますよね、つい。尻は平面でなく3Dでいきたいものです。まさに「わが尻なおせ」ですね。riesenmausさんは大丈夫ですか?
    ——————————-
    りんごちゃん、やっぱり同性のおしりってのは気になるもんですね。まあ、ぼくは異性のおしりはもっと気になるんですけど。「きれいな丸み」はお尻の命ですね。椅子にドーナツクッションを敷けば延命できんのかな?さて勝手に夢に出ちゃってすいません。お尻、好きなだけ見せてあげます。
    ——————————-
    ぷうさん、下半身は大事ですね。WiiFitのインストラクターのおねえさんに「人の老化は下半身からやってきます」となんども言われ続けているだけに。アメリカでは他人の裸を見る機会は少ないでしょうね。ドイツではサウナもSPAも男女とも全員裸だったので見放題でした。でもここだけの話、見られるほどきれいになるようです。
    ——————————-
    じゅん爺さん、おひさしぶりです! 若い日本男子のキュートなお尻はたしかに人気があると聞いたことがあります。でも実感したことはないですが・・。人気どころか任期ギレであっというまにおじさんになってしまいました。甥っ子さんの容赦ないセリフにどきどきですね。うう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。