苦手なもの

あなたがそうであるように、
ぼくにも苦手なものがいくつかある。
いくつもある、といったほうがいいかもしれない。
得意なものと苦手なもの、多いのは後者だった。

苦手なもののほうが多い人生はなにかと生き辛い。
そうでないひともいるだろうけど、
少なくてもぼくはそういうタイプである。

苦手なものは、ぼくから行動力を奪い、元気を奪う。
または、エクスキューズを増やす。そう気づいたのだ。

だから、
人生も半分を過ぎたころあたりから、
苦手なものを減らそうと決めた。

好きなものに囲まれていたい、とまでは思わないまでも
嫌いなものに囲まれていたい、とは思わない。

まず苦手な人を減らし、苦手な食べ物を減らした。
食べず嫌い、というのもある。
案外いい人だった、ということも。

それから習慣の中で、苦手なものを減らした。
早起き、がまずそうである。これを克服した。
いまでは毎朝5時には起きる。早いときは4時。
一日にやれることが、これだけでずいぶん増えた。

道具を替えることで、苦手でなくなるものもあった。
アイロン、もそのひとつである。
アイロンだけは大の苦手であった。
だから毎日着るシャツも全部クリーニングに出していた。
けれども毎回クリーニングではシャツが持たない。
シャツは損傷が激しく、ズボンはすぐにテカテカに。
クリーニング代は月6000円、使い道は他にあるかもしれない。

そこで奮起し、パナソニックのコードレスアイロンを購入。
アイロン台は大きめ、人型をしたスタンドタイプのもの。
コードがなく、船のように両端が尖っている。底がやや丸い。
おかげで信じられないくらいかけやすい。


▲ これがそれ。アイロンも知らない間にずいぶん進化したんですね。

アイロンのかけかたはここで勉強

自分にもアイロンがかけられるんだ、と素直に感動した。
弘法でない人は、筆を選べばいいんだなと思う。
今では日曜日の夕方になると、身体が自然とアイロン台に向く。


▲ アイロンは立ってするほうがずっとらくちん。アイロンをかけていると、不思議とものごとに前向きになりますね。さあ一週間がんばるぞって気になります。

苦手がゆえ、
これまでずっと避けていたものもある。
「家計簿をつける」という習慣もそのひとつ。

仕事であれば、数字が頭から離れることはないのに
プライベートなことになると、とたんに怠慢になる。
おおよその収入は知っていても、支出があいまいなのだ。
何にいくら使っているのか、確信がない。
投資なのか、消費なのか、はたまた浪費だったのか。
出て行くお金の定義がされず、目標に意思がない。
これではいけないと、家計簿をつけることにした。

ネット家計簿 ココマネ』というWEBサービス
試しにと1年前から使い始めたが、これが意外といい。
日々の現金出納帳から、複数の口座管理を一括で扱える。
複数の口座や複数のクレジットカードが同時に管理でき、
毎月の締め日や引き落としを自動でやってくれる。
家計簿が続かないのは、入力がめんどうだからでもある。
こういうのは、おおざっぱでいいのだ。
食費、生活費、教育趣味、その他、くらいのシンプルな項目。
もちろん、ネギ一本何十円、みたいなこともできる。
おおよそ何にいくら使ったか、というのがわかり
いつ、いくら引き落とされる、というのがわかり、
どの口座にいくらあり、どう増え、減ったのかがわればいい。
それがわかれば、資産が組み立てられる。


▲ ネット家計簿ココマネの画面。明らかに女性向けのデザインだけど、内容はしっかり考えて作られている。

このままの生活だと、5年後、10年後はどうなるか?
的な資産シミュレーションもやってくれる。
自分は何歳で破綻するか、なんて楽しいことも分かる。
みんなどのくらいで生活しているんだろう?なんてのもわかる。
同じ年収、家族構成でも、それぞれ違いがあるようだ。
こういうのもネットサービスならではである。


▲ 他のお宅はどうなのよ?ってなかたに便利。グラフは赤が自分、緑が世帯平均。先月は交際費と趣味系にだいぶ使いました。

これはただの家計簿ではない。資産管理ソフトである。
我が家の数字、これを視覚化しておくことは重要だ。
よけいな不安を払拭し、前向きになるためにも。

これだけできて、なんと無料(ケータイ版は有料)。
ココマネさん、ふとっ腹である。
おかげで、苦手だった家計簿を難なく克服。
ただ、主婦を意識してかデザインがピンクで可愛らしいのが
おじさんとしては、ちょっと恥ずかしいのだけど。


▲ 入力は帰宅途中にiPhoneでちょいちょい、と。シンプルなのがいい。

アイロンと家計簿を「主婦のするもの」と決めつけてはいけない。
ぼくは昔はそう思っていたふしがある。
だから堂々と「ニガテ」などとうそぶいていたのだ。
必要なことなのに。

というわけで、
今年、あとどれだけ苦手なものがなくなるか
自分でも、わりと楽しみなのである。

8 件のコメント

  • 凄いですでね。ナオキンさん、アイロンまでかけちゃうんですね。ナオキンさんの紹介してくれるパソコンや、ステショナリー系の最新グッズはついていけませんが、アイロンや、掃除機などはふんふんと頷きながら読めます。目下の所、私はルンバが欲しいと家族に交渉中です。だって掃除洗濯炊事、家事全般が苦手な主婦なので・・

  • ん〜・・・今年いくつニガテなもの減らせるか、
    って考えると面白いですね。やってみよう。
    クリアするとちょっとした達成感があって、続きますよね。
    私はまずはiphone。メカ音痴なので結構ハードル高いんです〜(汗

  • う〜む、苦手なものだらけ・・・です。
    でも最近は苦手とは思わずに、「やらないだけ」と自分に言い聞かせて、マイナス思考に囚われないようにはしてます。
    早起きのコツ、ご伝授くださいな。

  • 私も早起きの仕方を教えてほしい。夜は早く寝なさい、なんてのはナシで。あと、「エイヤーッ!!!」と気合で起きる、なんていうのも外して。。。

    夜中起きているのが平気なせいか、その逆が苦手。うちで一番の早起きの長男に起こしてもらいます(汗)。あ、普通のアラームもあんまり役に立たない感じ。。。

  • 家計簿は一度もつけたことがないですね〜。
    反省と後悔が何倍にもなるし、
    使ってしまったものは戻らないしね。
    手持ちのものが無くなってしまったら終了って感じです。
    それに苦手なものを自慢をしあっている方が、話が盛り上がって楽しいですわ〜。

  • こんばんは。
    ネット家計簿か。いいですね☆
    おばかなわたしは、紙媒体の家計簿を
    すでに買ってしまっていたのでした。
    なおきんさんの紹介されていたネットの
    家計簿が良かったな。
    新米主婦には、必需品ですね。頑張ります。
    でも家事もらくらくこなすなおきんさん
    素敵です☆コードレスのアイロンも、アイロン台
    もスタイリッシュ。いいなぁ。わたしも欲しい。

  • ケイ3さん、一番ゲットおめでとうございます!
    すっかり主婦気分のなおきんです。ていうか世の男性は自分の不得意なものを「あれは女のすることだ」と避けてはいないかと。家事は家族全員でするもの!ですね。旦那には「あなたは掃除担当だけど、いやだったらルンバ買ってよね」と交渉しましょう。
    ——————————-
    つぶきちさん、そうですね。「苦手なもの」って案外奥が深いものです。本来、ひとは知らなかったことがわかると脳が喜ぶんです。喜ぶと「もっと!」と脳が要求してきて、さらにわかるようになるというわけですね。ということで、iPhone探求で脳を喜ばせてくださいね。
    ——————————-
    じゅん爺さん、>「苦手なものが多いほど生きやすい」< またまた深い訓示ですね。ぼくも齢を重ねるに連れ、そういう境地まで達することができるのかもしれません。少なくとも「違和感こそは個性である」ということはわかってきましたので。
    ——————————-
    nokoさん、だいじょうぶです。苦手なものだらけ、ならばnokoさんはまだまだ成長の余地があるということですからね。さて「早起きのコツ」は、目が覚めたら反射神経でシャワーまで突進する、です。何一つ考えてはなりません。熱湯に触れて「あつっ!」と手を引っ込めるように反射神経で行動することです。それから「自分にとって一番気持ちがいいことを朝にやる」ことです。気持ちがいいこと? ダメです、変なこと想像しちゃ。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、一度徹夜してみるといいかもしれませんね。次の日は何があっても夜10時までは寝ないこと。10時に寝れば自然と朝早く目覚めます。二度寝禁止。何にもいいことはありませんから。ダイエット中のぼくの友人は、大好きなティラミスを「朝6時なら食べてもよい」とルールを決めて実行しているそうです。ムチよりもアメ、ということですね。がんばってください。
    ——————————-
    gioさん、「まず反省と後悔をあじわう」これこそが家計簿をつける最大の効果じゃないかと思います。お金がなくなる喪失感を視覚化することで、それを避けようとするブレーキがかかるんです。もちろん節約倹約ばかりじゃ生きててつまんない、と思います。そんなとき、たまにはパアーっと使っちゃえばいいです。要はメリハリですね。苦手なものがキラキラしてみえるのも、そんなメリハリがあってこそだとぼくは思うんですけど。
    ——————————-
    千香さん、紙の家計簿も味があっていいもんです。昨今「ペンで文字を書く」という行為が減ってますからね。ネット家計簿のいいところは集計がカンタン、ということと何年も使える(つまり数年前のデータと比較が容易)ということでしょうか。「苦手なことはカッコよく始める」というのは、ぼくなりの克服法です。おためしくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。