ハゲランス

ぼくの知り合いに、舘ひろし似のイイ男がいる。

そいつ(仮にヒロシと呼ぶ)からFBに20年ぶりに連絡があった。

20年前、ヒロシはなんと白衣を着てアデランスに務めていた。
相談員という立場なのに、トップセールス賞で会社から外車を与えられた強者だ。顔もいいが口もうまい。うぬぼれも強い。まだ昭和の終わりごろ、2人で夜の六本木を散策したときも「あの女の子ら、きっとぼくらのこと芸能人だと思ってるよ」なんてことも平然と言う。

いまでこそテレビCMが目立たないが、かつてはカツラCMが絶好調の時代があった。今も昔もハゲや薄毛で悩む人達は多いが、80~90年代のころはそんなカツラをめぐって悲惨な事件も多かったのだ。

大手のカツラ業界は名前こそ有名だったが、顧客サービスの点では褒められたもんじゃなかった。テレビCMなどで盛んに喧伝しては無料の「頭皮チェック」に訪れた悩める羊たちに、合計数百万円もするカツラを契約させていた。髪も薄いが効果も薄い。隠すばかりじゃきりがないのだ。それどころかカツラはつけていれば余計薄くなる。人工植毛に至っては、化膿したり皮膚ごと禿げたりする被害が相次いだ。

結果、リピート率は10%。
カツラは定期的なメンテナンスを必要とする商品だ。本来なら何度も通う。だが驚くべき離反率の高さである。ヒロシに言わせれば、1回でも来店してくれば採算は十分とれたという。オーダーメイド・カツラはひとつあたり平均40万円。しかし原価は1万円。客はこんなものを最初の来店で、あれやこれやで何個も買わされる。

ふつうなら「悪い評判」が広まり商売は成り立たない。
だが、カツラは別なのである。
顧客にとっては来店したという事実こそもっとも知られたくないことだからだ。つまり被害届が出されにくいのだ。それを想定しての商売、風俗店でぼったくるのとどこか似ている。

ヒロシは割りきって仕事をしていたが、ついには良心に負け、退職してしまった。無理もない。カツラのローン返済に苦慮し、自殺者まで出たのだ。バブル真っ盛りの時代であった。

同じバブル時代を知る仲間と当時の話をすると、必ずこのヒロシが話題になった。だが、彼にも言い分がある。

「人はなぜカツラを付けるか知ってるか?」
「まわりの外見至上主義の視線を意識して悩むからだよ」

本当に怖い視線はまわりからではなく、自分で自分に向けられた視線だとヒロシは言う。禿げている自分が許せないんだ。カツラをかぶり、かぶっていない自分を見下しているんだよ、と。
だからカツラははずせないんだ。風の強い日は予定だって変える。

ヒロシもまた、カツラだった。
人づてに、カツラがバレることを怖れ失踪したと聞いた。
うぬぼれもまた、薄氷の上に立っていたのかもしれない。

自分の外見を気にする人は、同時に相手の外見も気にするものだ。
禿げてもないのに薄毛を気にしたり、太ってもいないのにダイエットに勤しむ人を目の前にすると、にわかに緊張する。きっと、同じ要求を周囲にもしているだろうからだ。

ソーシャルネットワークの普及で、友達の数を競うような社会はどうも居心地が悪い。ライトな関係にありがちな、瞬時に相手の評価を下す風潮がはびこる。これが人をますます外見至上主義へ誘うのかもしれない。

カツラメーカーもバブル当時のように乱暴なことはしなくなったし、薬でハゲも治るようになった。ダイエット療法もどんどん進化したし、アンチエイジング化粧品も百花騒乱である。
だがこれらは、科学技術の進歩だけによるものだろうか?

もちろん、人がキレイになっていくのは良いに違いない。
でも、それを裏づけするかのように世の中が不寛容になりつつある気も、またどこかでするのだ。

ヒロシはいま、金沢で親子3人で暮らしている。
写真を見せてもらったが、見事なスキンヘッドだった。

12 件のコメント

  • ;`;:゛;`(;゜;ж;゜; )ブッwwwww
    “きっとぼくらのこと芸能人だと思ってるよ”
    こ、このセリフはwww
    なおきんさんもイケイケな時代があったという事で
    何だかちょっとppp(*≧m≦*)ppp
    楽しかったんだろうな☆って妄想しちゃいました。
    ヒロシさんの良心は・・・
    カツラの下に隠れていたのですね。
    私はありのままが好きです。
    あ、肥満は除外。←コントロール出来ますから!

  • 外見でかっこよくなりたいという願望はいつの世でも皆さん持っているものだと思います。昔うちのおばあさんが生前「目が横に切れている人で欲のない人はいない」と言っていましたが人はみなお金、権力等の欲望とともに他の人からよく見られたいとの思いがあるのでしょう。むしろそれがあるから科学の発展、生活レベルの向上につながったかもしれません。自分にも当然あります。それを知った上で自分がどのような行動を取るのか考える必要があり、それをベースに周囲の評価もできてくるのでしょう。
    世の中平等はありえません。それらを認識した上での行動が生き方だと思います。
    人間の致死率は100%。だからいつまでも同じ悩みをみな持つのでしょう。

  • その意識、いまは「女子」が受け継いでるような気がします。

    人って「成り得る最高の自分」を目指したい気持がもともとある生き物のようで、それが向上心とも結びついてるのでは。

    「女子力アップ」だとか「外見だけでなく内面からも」という釣られ文句に、頑張っちゃうのです。
    そして、いまの自分のレベルを落としたくない気持が芽生え、それ相応の経済力も持った男性でなおかつ恋愛感情ももてる相手を探さなければ独りで生きてったほうがまし、という思考から抜け出せなくなり、結婚が遠退くわけです。

    自分の生活スタイルを変えてもいいと思えるような、絆を育てていきたいと思えるような相手と出会う幸せもあることを見失ってしまうような気がします。自分の外見や内面磨きに固執しすぎると。

    ヒロシさんも、ありのままのご自分を受け入れてくれる相手と出逢えて、きっと幸せなご家庭を築けたのですね。

  • こんばんは。

    外見至上主義ですか?

    僕には外見依存社会のように感じてしまいます。

    第一印象で完結してしまえば客観的には楽ですから。

    このあいだ身分証明書の作成で自分の写真を撮ってその顔を見ていたら自分の歴史がまざまざと表れていてギョッとしてしまいました。

    前の記事でのココ・シャネルの言葉を思い出しました。

    生きざまは顔に表れていましたよ。

    ほんと嫌なくらいに。

    五十代の僕の顔を思い浮べたときに「今を大切にしなきゃいけないな・・」と、ふいに感じましたよ。

    失礼しました。

  • 私は、5年前に職場のパワハラにより全ての髪が抜け落ちて今はカツラを被って生活しています。男性はスキンヘッドで外へ出る事ができますが、女性にはなかなか…それでもカツラを被って、その時とは違う会社で働いています。びっくりするくらい酷い事を言う人もいますよ。本当に優しい人も見分けられる様になりました(笑)当事者には今回の記事、ドキッとしました。

  • 先日来、十円パゲができてな、悩んでおる。500円パゲに広がらぬことを祈るのみ。パゲは冗談にもならぬワイ。

  • 投稿してからひろさんのコメント読んで、ありゃりゃ、でした。ごめんなさい。十円パゲなんてへみたいなもんっす。

  • 床屋に行く度に、大量の毛を刈ってもらうのですが、「成人男性一人分のカツラ」ができる位に床に落ちます。それを見る度に私は例の昔の同僚(別会社でnaokinさんご存知の彼) 「山ちゃん」 を思い出し、「彼に贈ってあげたいな」 と思うのです。そんな彼と先日に D で会って、まずは新興のラーメン屋さん T で食事、私は 「餃子単品、冷やし中華、味噌ラーメン」 、彼は「餃子と味噌ラーメンのセット」 でした。その後に近くの R に移動して飲んで飲んでまたまた飲んで、その後でそのまん前にあるホテル N のバーで18年もののラム酒を飲んで、彼は深夜に帰宅、私はそのまま部屋に行ってバタンキューでした。しかし、会っている間中、彼の 「頭」 に目が行くんですよね、そしてどうしても 「触りたく」 なって、大昔の子供時代に観たCM 「サンポールでピッカピッカ」 を想いだしました。でも、 「ハゲ頭」 は目立ちますし、印象が深くなるので、それを 「+思考」 にカツラに大金をはたく必要は無いのではと思います。でも、「禿げていない奴に分かるもんか」 と言われれば、「どうにでもせい、お前の頭だしお前の金だ」 と突き放すしかないのかもです。だいだい女性で 「デブとハゲだけはごめ〜ん」 なんて公言する人に限って、 「お脳は軽く、金勘定には優れ、気持ちがすさんでいる」 タイプが多いと見受けますので、そんな女性に引っかからない 「リトマス試験紙」 のような役目を果たせさせるかもです。私は別にそのために太ったわけではなく、「ドイツ飯」 が性に合った副産物です。「ドイツ人並な体格」 になっただけです(笑)。

  • じゅん爺さん、お気を遣わせてしまってすみません(笑)十円玉大でも、五百円玉大でも、全部でも気になる気持ちはきっと同じですよね。みんなが見てる気がして…(笑)でも、『良く頑張ったね!』の印と思ってあまり気にするのはやめましょう。きっとよくなりますよ!なおきんさんすみません。貴重なスペースお借りしました。

  • トロさん、一番ゲットおめでとさまです!
    ええ、ぼくもむかしは「うしろを振り返らない男」として名を馳せていたもんです。まわりは迷惑だったでしょうけど。>「ヒロシの良心はカツラの下に隠れてた」< これは名言!このエピソードをヒトコトで言い表しています。
    ——————————-
    lexkenさん、
    「目が横に切れている人」とはつまり、なおきんイラストそのものですね。気をつけます。>人間の致死率は100%。だからいつまでも同じ悩みをみな持つのでしょう。< まったくですね。それから見てくれを気にしなくなったら、人類の進化も止まっちゃうのかも。
    ——————————-
    はてなさん、
    向上心を持つことは大いにけっこうなんだけど、問題は高望みしすぎて結婚が遠のいちゃうことですか。そのうち「まわりにいいひとがいないから」が常套句になり、自分への言い訳になっちゃうのかもしんないですね。100%の世界の住民はすごしにくそうです。
    ——————————-
    じさん、
    なるほど!「外見依存社会」とは言い得てます。生きざまはたしかに顔に出ますね。表情がシワを作り、顔の筋肉も普段していいる表情に合わせて固まるでしょうから。いまが大事。そのとおりです。恋愛もいましたほうがいいかも、ですよ。
    ——————————-
    ひろさん、
    ひどい話ですね。パワハラですべての髪の毛が落ちちゃっただなんて。いったいどれほど辛い思いをしたことでしょう。よく耐えましたね。りっぱです。記事で、ドキッとさせてすみませんでした。「女性はスキンヘッドすらできない」という視点に気付かされました。
    ——————————-
    じゅん爺さん、
    みんなそれぞれ大変な毎日を過ごしていらっしゃるんですね。髪の毛が抜け落ちるほどのパワハラだなんて、ひろさんのコメントにはぼくも、はっとさせられました。ぼくも通常の薄毛に円形ハゲができちゃってましたけど、ホントへみたいなもんです。
    ——————————-
    昔の同僚さん、
    伏字ながら全部わかりました(笑)ほんと、エピソードに欠かない人生を過ごしてますよね。ところでドイツ人のハゲ率は49%、日本人の27%の倍近く。でもあまり目立たないのは髪の毛の色のせい。金髪が羨ましかったもんです。19の頃、金髪に染めて、それが原因でごっそり禿げました。人工金髪じゃダメですね。
    ——————————-
    ひろさん、
    わざわざコメント返しありがとさまです。「ハゲはがんばった印」、うん、そのとおりですね。なんだかハゲまされる思いです。明日もがんばろうね。

  • 毎度です。
    そうですかカツラの原価は1万円でしたか。
    そういえば、元上司はカツラでしたが、アデ***はケシカランと憤ってました。
    なんか、30万円以上のに一年とか半年程度で買い換えないといけない消耗品なのは、おかしいと。
    結局、薄毛、ハゲに悩む人はカモなんでしょうね。
    私も10年ほど前、リーブ21に通いましたが、全然ダメでした。
    1年コースで約220万円でした。
    コース以外にボッタクリ価格の栄養補助食品を勧められましたが、連中の感覚はおかしかったですね。一番安い青汁でも2週間分で1万円とか。
    朝一番に行ったら、売り上げ達成ガンバロー!って気勢を上げてましたから、保険のオバチャン同様、お金第一主義なのは確かです。(客がいるのに大声で気勢を上げるなよと)

  • ムインさん、
    リーブ21恐るべし、ですね。毎月20万近く出費させられるなんて。テレビCM見るたびに、多くの犠牲の上に成り立つ高額な広告費でまた新たな犠牲者が・・なんてことを思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。