書けずに、描いてました


▲ あの手、この手、その手

さて、書こうかな

と思い、ここまでで2時間。
なにも文章が思いつかない。

代わりにイラスト描いてました。
こんばんは、なおきんです。


▲ 犬って、正面より、横顔のほうが大人びてるよね


▲ なおきんは、正面も、横顔も、なんかマヌケだよね


▲ 犬ばかり描いてつまんないから、猫も描いてみました


▲ 広いグランドで夕日を浴びるちびきち


▲ 絵になる一枚(iPhoneの待ち受け画面にしてます)




8 件のコメント

  • 哀愁の漂うちびきちくんに胸がいっぱいになりました。

    イラストがさらさらと描けるなんて素敵ですね。絵は才能がないとうまく描けないと思うから。

  • 文章がなくても絵で表現できるって素晴らしい才能だと思います。
    羨ましいです。

    プードルの顔は気品がありますよね、
    クリッピングしてあると美しさが際立ちます。
    イラストのなおきんさんは丸くて愛嬌あるお顔だけど、
    写真のなおきんさんは男前だと思います!

    鮮やかな夕焼けですね。
    リクエストです。
    夕日に向かって座っているちびきちさんを後ろから撮った
    写真を見てみたいです(^^)

  • なおきんさん、こんにちは。
    なおきんさんのイラストはやっぱり色!
    色がいいですね〜。
    例えば人だったら声、みたいな感じで色がいいです。

  • あの手、その手、この手…

    中学の時、美術の授業で手のデッサンをしたことを思い出しました。
    絵が得意でないので、先生からの評価は『普通』だったと思います。

    もし、今、デッサンをしたらどうだろう?
    当時より余計な雑念とか多くて、もっと下手になってそう。

    絵の得意な方が本当に羨ましい!!

    言葉だけでなく絵が添えられることで、少しでも多くのことが伝えられたり、共有できるから。

  • はてなさん、一番ゲットおめでとさまです。
    ちびきちの写真をとったときに、一瞬、この世からぼくがいなくなったらこいつはどうなるんだろう?とよぎりました。絵を描くのに才能はいらない気がします。絵を書きたいと思うかどうか、かなと。才能は備わっているものじゃなく、ないところに生まれるんですね。
    ——————————-
    risaさん、
    察してもらって感謝します。文章が全くかけない時がたまにあります。そんな時、手は勝手にイラストを描きはじめるんです。表現したいものがないわけじゃないんでしょうね。夕日に向かうちびきちの後ろ姿をとろうとするんだけど、ぼくが視界から消えると慌てて、じっとしてないんです。困りました。
    ——————————-
    gioさん、
    イラストの色に言及してもらい、すごくうれしいです。実はセンスがないなりに、いろいろとトライしているので。「人だったら声」みたいな色の表現ができるよう、これからもブラッシュアップしていきます。
    ——————————-
    faithiaさん、
    「手」というのはよくデッサンの題材になりますよね。人間の部位であそこまで意識的に変化させる部分が他にないから、というのもあるかもしれません。ぼくもよく自分の手を見ます。脳の動きが手に表れるからかな、と思ったこともありますね。そういうのってないですか。

  • やっぱり難しいですか。
    大型犬は体が大きい分ハートもでっかいし肝が据わっているけど、小型犬はハートも肝もちっちゃいんですよね。
    うちのプードルもちびきちさんと同じですよ、常に私をおっかける。
    亡くなったラブラドールはまるで哲学しているような表情で遠くを見つめていました。
    犬のうなじって私にとってはセクシーで、後姿が好きです。
    そんなわけでリクエストしました。
    セクシーなちびきちさんが見たいですね(笑)

  • risaさん、
    わかりました。こんどセクシーちびきち、載せてみます。まちがえてセクシーなおきんが載ってしまうかもしれませんが。

  • ↑そうくると思っていました!
    どうぞセクシーなおきんさんをご披露ください。
    とっても楽しみにしています♪
    網タイツがいいわねぇ。。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。