お願いと誓い

昨年夏のミャンマーへの旅では、その寺院の派手さに驚かされた。12世紀の古い寺院、仏教にヒンドゥー教、それぞれ今も現役で多くの参拝者が訪れる。

派手さ以上におどろいたのは、訪れる参拝者の熱心さである。祈る姿は誰もがけなげで美しい。だが普通の人が朝も早くからこんなに長い時間、祈ってばかりで他の用事はいいのだろうかと余計な心配をしてしまう。供えるための花を買い、仏像に貼り付ける金箔を買う。お布施もバカにならないのだろう。ミャンマーの地方都市は民家はボロ屋で寺院ばかりがピカピカだ。

今年、初詣には行っていない。
10代の終わりにはふざけて大晦日に行ったりもしたが、それを別にすれば生涯で初詣に行ったのは10回くらいしかない。「行ってないんですか!?」と意外にも20代の人たちに呆れられる。「みんなは行くの?」と聞けば、まるで浮いた魚を見るような目で「あたりまえじゃないですか」と言われた。

ヤンゴン市内では修行僧と知り合いになった。
神妙にお祈りの仕方を教えてもらい、お礼にとコーヒーを奢った。「あなたの両親のためにお祈りしますから」とチップを要求され、いささか鼻白んでしまったのだけど。



▲ 修行僧にコーヒーを奢ったカフェ(ヤンゴン

この僧もどき(実際に修行僧だったのだが)に、いったいぜんたいこの人たちは何を熱心に祈っているのだ?と聞けば「自分の願いを叶えるためです」と手のひらをこちらに見せる。なるほど世界平和ではないらしい。「先祖や家族のためじゃないの?」と聞けば「心配いりません」と修行僧。「子供も家族もそれぞれ、自分のために祈りますから」と。

想像していたのと違う。
バガンの寺院でも案内してくれたガイドに同じ質問をしてみたが、やっぱり似たような答えであった。「それがなにか?」と返された。なんでもないが、なんでもある。


▲ 教えられた通り祈りの儀式をするなおきん(ヤンゴン

ある日オカンが家を出ていきそのまま戻らなかったので、小学生のころはしばらく祖母に育てられた。生涯で10回の初詣の3回ぶんは、たぶん祖母とお参りしたと思う。

賽銭箱にコインを投げ入れ、声を出してお願いをするぼくに、たしなめるように祖母が言う。「お願いするんじゃないの。誓うんよ。いい子にしてますからみててくださいって」

小さい手を合わせ直し、あの日、鼻垂れ小僧はいわれたとおりにした。

大地に太陽が沈み、きょうも世界のどこかで祈りは絶え間なく繰り返される。願いは思い継がれていく。何億人もの人びとに何千年ものあいだ好き勝手にお願いされて、神様も仏様もいいかげんうんざりだろうけど、慈悲深く耳を傾けてくださっている。あるいはお布施しだいなのかもしれないが。

マヤ暦の予言はみごと外れ、くそったれの世界は変わらず、食べたり飲んだり争ったり。そんな折、やっぱりぼくは初詣に行き損じるに違いない。だが祈りや願いは誰か人のためにとっておき、自分のために誓いをたてる。誓う相手はキリストでも釈迦でもマホメットでも枯れたポインセチアでもなんでもいい。

フトドキ者である。
バチ当たりのそしりは免れないが、
2013年の誓いは決まっている。

もうすぐ祖母の命日。
生きていれば113歳になる。




7 件のコメント

  • 罰は自分が与えるもので、神や他人が与えるものではありませぬ。 世の中意外とシンプルにできてますよ(^_−)−☆

  • おばあさまと洟垂れ小僧のなおきんさんのイラスト、そして「・・・だが祈りや願いは誰か人のためにとっておき、自分のために誓いをたてる。」この一言が、今年わたしの胸に響いたものの一つになりました。

    今年一年、喜怒哀楽、悲喜交々こちらでなおきんさんに便乗させて頂き、楽しく幸せでした。
    どうもありがとうございます。

    良いお年をお迎えください。

  • 神様の前で手を合わせている時は
    自分と向き合う時間なのだと思っています。自分の心と向き合って、気持ちを再確認して、自分を愛してくれた人に恥ずかしくないように行動する力を合わせた手の中に充電して、また頑張るのです(^^)
    と無宗教の私は解釈しています。
    なおきんさんがおばあさまに誓う気持ちがよくわかります。

  • 追伸
    今年も素敵な言葉を沢山届けてくださり
    ありがとうございました
    来年も更新を楽しみにしています

    ちびきちくんと、よいお年をお迎えください。

  •  お願いするのではなく、誓う。その感覚が子供の頃の私には無く、欲望のままお願いしていたのを思い出します。大人になり、信心はゼロになってしまいましたが、何かの本で日本的感覚として、そのような物があると知り、何だか恥ずかしくなったものです。
     それ以来、里帰りして初詣に行く時は、自分に対して「誓う」事を心がけていますが、達成度合いはと言うと・・・う〜ん、イマイチ・・・。

     初詣には何故か行ってしまいますが、小さい頃からの習慣になってしまっているのでしょう。年末大掃除・年越しソバと合わせて。そういう人が多いのでは?もしかしたら、信心が無いのに宗教的行為をする、不思議な民族かもしれませんね。日本人は。

  • たまやんさん、いちばんゲットおめでとさまです!
    自分で自分にご褒美をあげる人はたくさんいますが、罰を与えられる人って、どれだけいるんでしょうね。
    ———————–
    もぐさん、
    こちらこそいっぱいコメントを共有してもらって楽しかったです。2013年もどうぞよろしくおねがいしますね。
    ———————–
    ねねさん、
    普段の生活の中に「自分と向き合う」時間を定期的に持つのはよいおこないですね。人はあまりにも自分に忙しいですが、果たして向き合うことができているかどうか。2013年もよろしくお願いします。
    ———————–
    楽庵さん、
    誓うためにはまずそのための目標なりゴール設定が必要ですよね。実はこれが大事だと思います。その上で天上から見ててもらう気持ちが、達成するまで自分を甘やかさない動機付けとなるんだと思います。信仰心は尊い。でもそれだけではことを成就できないでしょうね。
    ———————–
    シカゴのおじさん
    初コメントありがとさまです!風の街からアクセスいただきうれしいです。どうぞ2013年もよろしくお願いしますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。