腹上死はカッコいい?

ひょんなことから「カッコ悪い死に方」という話題になった。
なんでそんな話題になったのか、きっかけも原因も忘れた。
飲みながらの話というのはそういうものである。

まっぷたつに意見が分かれたのが『腹上死』。
カッコ悪いというヤツもいれば、
うらやましいというヤツもいる。
個人的には、生前どんな立派な生き方をしていても
腹上死がすべてを台無しにしちゃいそうな気がする。
だいいち 腹の上で死なれたほうは、たまったもんじゃない。
これはもう死んだ本人以上にかわいそうである。

さてこの腹上死、医学上では「性交死」という。
なんだかますます死因としてどうかと思う。

腹上死のイメージとしては、脂ぎったエロ爺がそうだけど
実際には、30代の男性がもっとも多いようである。

「男女・年齢別 年間腹上死者数」

△ 意外なことに男性では30代が、女性では40代がもっとも多いのでした【出典:性摩訶不思議(石濱淳美)】

過信は禁物といったところだろうか。

また、上の表でもわかるとおり、
腹上死は圧倒的に男性が多いものだ。
理由はなんといっても『血圧上昇率』である。

平常血圧からイクまで、血圧の上昇は
女性40に対して、男性は80。
なかには100くらいまで上がるのだという。

つまり平常血圧が110-70 とすれば、絶頂時には
男性の場合、200近くまで上昇するわけだ。
高血圧であればイクどころか
逝ってしまうではないか。
これで「昇天」。
シャレになんない。

ちなみに「腹上死」で亡くなったとしても
死因は「心筋梗塞」または「脳梗塞」と発表される。
そして、突然死といわれる約1パーセントが
実はセックスによるものなんだそうだ。

おそるべしセックス。
あなたもどうか気をつけてくださいね。

なにごとも無理をしないことですね

人気ブログランキングへ←おしていただけるとうれしいです

14 件のコメント

  • なおきんさん 久々の書き下ろしが腹上死って!!
    お疲れでブログ中断も考えておられた様子を、とっても心配しておりましたが、大丈夫そうですね。(よかったよかった)
    イラストのエロ爺は・・・
    でも、30代の男性の死亡率が高いって、びっくりです。
    人生これからって時に、セックスで死んじゃうなんて。
    私は、絶頂の中死ねたら幸せかなと思いますが、残された女性はたまったもんじゃないですよね。

    究極の下ネタで、なおきんさんのお元気なご様子をうかがえたので、安心です。
    ほんとによかった。

  • 最近ブログをはじめました。
    サラリーマンブログのトップってどんななんだろうと思い、見に来ました。
    さすがに面白いですね。
    ハマリそう・・・!

    また、じっくりと遊びに来ますので、よろしくお願いします。

  • なおきんさんが痛いって言っていたのは「腕」だったんですね。「胸」って読み間違えてました。腕なら胸よりまだましですね。って。お気をつけ下さいませ。

    さーて、ここで腹上死が話題になっているとは。。。
    うーん、確かにあの姿を見られるのは恥ずかしいかも。
    腹上死を防ぐには、たまにセックスするというライフスタイルをやめるのがいいかも知れませんね。しょっちゅうしていれば、運動効果が高まって腹上死も減る、とか?

  • ああ、これだけは遠慮して欲しい,,,と思っていたら,もう心配する年齢を過ぎちゃいました。それも寂しい。
    なおきんさん、元気がもどられたようで良かったです。でも、一気に5千文字もコメントの返事を書いていたら腱鞘炎で利き手が使えなくなっちゃいますよ。
    なにごともほどほどに、ね。

  • なおきんさん、お元気になりましたか?
    書き下ろしのお題が、腹上死だなんて(笑)大丈夫そうですね!この、死に方女性としてはホントに勘弁!
    後のこと考えたらゾッとします。
    腱鞘炎に気をつけて、無理しないでね!
    お元気そうで、うれしいです。

  • 友達の旦那様のおじい様は、お手伝いさん(お金持ちのようです)の
    お家で腹上死だそうです。
    お手伝い兼お妾さんだったみたいで。
    もちろんお手伝いさんは隠しましたが
    異様に興奮状態にあったみたいでバレたみたいで。
    本当にあるんだなあと驚きましたが、まさか
    女性もとは驚きました。
    わたしもそんな死に方はイヤですが、
    一人寂しく死んじゃうよりはいいのかしら・・・。
    二択だと迷います笑。

  • おなじ“いく”でも天国と地獄の差。
    大好きな人がイッてくれるのは嬉しいけど、逝ってしまうのは、どんな状況にせよ悲しすぎます。

  • わたしも腹上死は人生が台無しになるとおもいます。
    “腹上死”と聞いて“吹く上司”・・・なんちゃって。

    でももっと最悪は“ふたり”より“ひとり”の場合ですよね。
    実は結構これもいるらしいです。
    なんでも家族が隠すとか・・・
    発見者も悲しすぎますね。

  • そんな死に方もあるんだった・・ですね・・
    愛する人が逝ってしまうのがそこで?って悲しくなるかもですね。セックスってのは、お互い愛があって気持ちがいいのがいいですね。どちらかにとって負担になるのは、だめですね。おもいやり?相手の健康状態や顔色で気付ければいいですね。こんな色っぽい話は私とは縁遠いですけど:)けろけろ〜〜

  • こんばんは。なおきんさん。
    そうですか、そんな最後は、本望かもしれませんが、怖いし、こまりますね。女性もピストン運動を半分お手伝いしてあげましょう。心臓バクバクは尋常ではありませんよね。。それにしても、女性の腹上死知りませんでした。うらやましいかも(笑)

  • ホワイトデーのテーマが腹上死とは(笑)
    しかしその人数と年齢に驚きました。
    日本の若いサラリーマンは疲れているのですね…
    海外だとこの人数はどうなるのでしょう。興味があります。

  • マーチさん、一番ゲットおめでとさまです。
    腹上死だけはしたくないなあ、と日ごろ思っております。ブログへの情熱を失いつつも、そっちのネタはつきないものですね。とにかく心配かけてすみません。おかげでぼくはびんびんしてます。
    ——————————-
    よしぞうさん、初訪問&初コメントありがとさまです。また時間があればじっくり遊びに来てくださいね。始めたばかりのブログも見に行ってみます。ではこんごともよしなに。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、はい「腕」でした。胸だとすれば、それは恋ですね。でも残念ながら恋はないです。でも元気です。たまにセックスせずに、毎日セックスするようがんばります。問題は相手ですが・・
    ——————————-
    むつきさん、そうですか、心配する年齢を過ぎてしまいましたか。でも安心するには早いかもしんないですね。5000文字一気に書くとさすがにつらいですけど、まあ元気にやってます。お気遣い、痛み入ります。
    ——————————-
    さえぴーさん、すいません、たまに書き下ろすとやや下ネタです。そういう意味で元気なのでどうかご心配なく。腱鞘炎はつらいですね。肩甲骨がぱんぱんになっているようです。ぱんぱん!
    ——————————-
    りんごちゃん、そうでしたか。身近にもいらっしゃるんですね、腹上死。しかもお手伝いさんとはまた想像を裏切らないというか・・。1人死んじゃうのと腹上死されちゃうのと、さてどっちがいいでしょうね。ぼくは前者かと・・
    ——————————-
    faithiaさん、ほんとできれば天国のほうのイクが望ましいですね。「イキながら逝く」のはちょっとつらいですけど、なんとなく「この一瞬に生きていたひとだった」と後に語られてそうです。
    ——————————-
    おろちさん、>“腹上死”と聞いて“吹く上司” <はい、笑いこらえて腹上死する思いでした。「ひとり腹上死」というのはつまり、ひとりエッチで死んじゃうってことでしょうか?それはまた残された方たちもかわいそうですね。
    ——————————-
    まるさん、はい、実のところぼくもそんな艶っぽい話とは無縁の世界に住んでおります。平和といえば平和だし、寂しいといえば寂しい。それから春先に多いそうです、腹上死。わかるような、そうでもないような。
    ——————————-
    ニモさん、はい、ぼくからもひとつ「女性もピストン運動を半分お願いします。」血圧の上昇率はそうとうなものです。でも「マグロ男」というわけにもいかないし、困ったものですね。
    ——————————-
    riesenmausさん、そうでした。ホワイトデーでしたね、きょうは。「チョコのお返しはエッチで」という、うらやましい人もいるかもしれません。よかったですね。でもはりきって腹上死されないよう、お願いしたいところです。特に30代。

  • お久しぶりです!
    大変久し振りに覗かせて頂きました。
    続けられてる気力体力胆力尊敬致します。
    他の方のコメントをちらっと見ると、最近元気が無かったような事ですが、是非死ぬまで続けて頂きたいです。

    腹上死は、死後周りに与える迷惑考えると少し考えますが、私は男として至上の逝き方だと思います。

  • 香港まとろっくさん、ごぶさたしてます!
    いやいや覚えておいていただき光栄です。「至上の逝き方」腹上死。その考えもありですね。まとろっくさんらしいです。パンクです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。