21世紀になって変わったこと

2011年も早5ヶ月が過ぎようとしている。早いものだ。
思えば21世紀になって、もう10年も経っているのだなあ。

「じたばたするなよ。せいきまつがくるぜ」なんて
シブがき隊が歌っていたのが、ついこないだのことのようだ。
だのに世紀末どころか、世紀を超えてだいぶたつ。

それにしても、と思う。

100年に一度しかめぐり合えない貴重な体験を
させてもらったわりには、なにかひとつインパクトに欠ける。
全人類的なイベントだというのにだ。
「あれから変わった」と確信できるような大きな変化が、
なにかひとつくらい自分にはなかったのか?

うーん、
としばし悩んで、思いついた。

パンツだ。そういえば、パンツが変わった。

2001年、それまでビキニだったパンツがボクサーショーツへ。
きっかけは忘れた。たぶんプレゼントか何かでもらったのだ。
パンツを人にプレゼントするなんて、なんてステキなことだろう。

パンツ、それは時代と共にある。
70年代、ぼくにとってはブリーフの時代であった。
いわゆる童貞パンツの白のブリーフ。
ブランドはもちろんBVDである。

80年代、やがてトランクスの時代がやってくる。
風通しはよかったが、どこか落ち着かないトランクス。
しかもたまに横からはみ出る。はみ出し者だ。
まるであのころの自分を見るかのようだ。

90年代にはいると、ビキニがやってきた。
もらいものだ。「いらないから」と義弟がくれたのだ。
はいてみると、なんだかヒロミGOの気分になれた。
そのころはドイツに住んでいた。
ヨーロッパ人はビキニ派が多かったので、種類も豊富。
特にフランス製ビキニは過激だった。男女兼用?てなもんである。
上から「どじょうが出てきてこんにちは」なんてことはもうしょっちゅうである。ギャランドゥどころの騒ぎじゃないのだ。
みんな、どうやってはいてたんだろう?
フランス人のこういうところが侮りがたい。

そして今世紀の目玉は、ボクサーショーツである。
これがめっぽう履きやすい。ぴったりホールドで型くずれナシ。
「どじょうがこんにちは」もナシ。尻の食い込みもナシ。
これまでの苦労と恥ずかしさは、いったいなんだったんだろうと。
ボクサーショーツ。これこそ今世紀最大の発明じゃないかと思う。

今世紀に入って10年も過ぎればストレッチ素材の進化がすごい。
ホールド・ミー・タイト、アンド・ストレッチ・ミー・フリー。
まるで妖精のようにナニを包みこむ。妖精器。グッドポジション。
21世紀ありがとう。ちゃんと前に進んでいるのである。

今日もいい発見があった。ありがとうトゥデイ。
たまにはこうして、しみじみ前世紀からの移り変わりを
ふりかえってみるのもいいものである。

8 件のコメント

  • やっぱり何も書かないで素通りなんてできないわ(笑)。

    ボクサーはおとなだけじゃなく子供にも人気があって、下の子供(9歳)にも「買って」と言われて買いました。可愛いナニが妖精のように優しく包まれてますワン(笑)。

  • ぶっ、ぶあく笑!ものがものだけに、「でたぁ〜」と言う感じでしょうか。LOL
    そうですねぇ、女子の視点からも、正直「白のブリーフ」はがっかり感を隠せませんでした。フランス製のビキニやGストリング(ヨーロッパにお住まいだったnaokinさんはご存知ですね?)はぎらぎらし過ぎてどんぴきでした。やっぱりボクサーショーツは爽やかなエロさと清潔感とファッション性があって一番好きです。

  • 何か書くべきな気がして(笑)!
    ボクサー、いちばん好きです!ほどほどなやる気感??が
    感じられます。
    女子のはどんなのがお好きなんでしょう???

  • こんばんは。

    僕は今はインナースパッツを愛用してます。もちろんB.V.Dですよ(笑)

    フランス人男性はどじょうが「ボンジュール」していたらどんな風にその場をしのぐのでしょうか?気になります。

    やはりエレガント&クールに決めてしまうのかなぁ?

    僕もその昔、どじょうが「ボンジュール」してしまった事があります(汗)

    その日はやけに「風」を感じて、いつも以上に「フリーダム」でした。

    「俺もついに突き抜けたかな?」

    なーんて思っていたら仕事中にお客さんに注意されましたわ(笑)

    そう・・「思い出」です。

    おっと21世紀の話でしたね(汗)性器の話をしてしまってスイマセン(。・ω・。)

    21世紀になって変わった事といえば僕の場合はコミュニケーションの仕方でしょうか?

    携帯電話とかPCの進化としてスマフォ等の端末はまさに20世紀に夢見た「新たな世界」ですね。

    クラウドサービスとかテクノロジーの進化を感じさせますね。

    それでもやはり「人の意志の産物」である以上は万能で全能なクオリティを求めてはいけないかなとも思いますね。

    生きていれば良くも悪くも変化はありますね。

    失礼しました。

  • お久し振りです。イタリアでもボクサーショーツが大人気です。前部の三角形部分(デルタ地帯?)にイノシシやライオンやりんごやチェリーの絵がついたのから、ツートンカラーのシンプルタイプまで色々ありますよ。「ボクはこの安定感&適度な通気性を求めていたのだ!」と夫も大満足。この快適感ばかりは、女の私には分かりません。

  • 確かに、90年代ボンに住んでいた元々彼はビキニ派でした!
    朝は常に「どじょうが出てきてこんにちは」でした…
    初投稿にふさわしいネタありがとうございました!

  • トロさん、一番ゲットおめでとさまです。
    世紀の変わり目がパンツの変わり目だなんて、失礼いたしました。
    ——————————-
    ぱりぱりさん、食いついてくれてありがとうございます。きっと来てくれると思ってました。9歳の息子の息子を包みこむ妖精さんはきっと幸せですね。40超えおぢさんの放蕩息子を包み込む妖精さんに比べれば・・
    ——————————-
    あんじぇこさん、もしや、あんじぇらさんでは?そうですか、白ブリーフはなんかこう、やる気が引っ込んでしまいそうですね。なにをやる気なのかはともかくとして。Gストリングスははいたことないですが、あんじぇらさんは遭遇したというわけですね。すごいですね。その「どんびき」の形相をぜひみたかったものです。
    ——————————-
    なおちんさん、お約束、ありがとさまです。ぴちぴちボクサーのやる気加減が相性もバッチリというわけですね。ちなみにぼくの女子にはいていて欲しいパンツの種類はTバックです。はいていらっしゃらない場合は「Tバックにさせていただく」ということになります。ご留意を。
    ——————————-
    じさん、フランス人にはぜひ「ボンジュー、ドジョー」と言ってほしいですね。それにしてもお客さんに注意されるほどドジョーがトージョーしてしまったのはイタかったですね。でもまあ、そんな思い出に支えられながら、日々つよく生きていかねばならないんですね。ぼくの場合、10年後ボクサーから変わるとすればもはやフンドシしかないのかもしれませんね。あるいはオムツをしているかもしれませんが・・
    ——————————-
    エミリアさん、ボンジョルノ。いやあ、ホントおひさしぶりですね。イタリアンボクサーパンツ、なかなかステキじゃあありませんか。なんとアニマルからフルーツまで!ぼくはひかえめにモンキーバナナでキメたいと思います。安定感と通気性。今世紀で暮らせてよかったです。
    ——————————-
    先週までの同僚さん、初コメントがこんな記事でしていただけるとはさすがです!ボンの彼のドジョウビキニはなかなか強烈ですね。「常に」というところが羨ましい限りです。よかったですね。朝からスゴくて。またステキなコメントをお待ちしてます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。