スターバックス

スタバはいつも混んでいる。
どこのスタバもたいてい混んでいる。
時間帯によっては座れないこともない。
そのくらい、いつも混んでいる。

運よく座れないこともない時間帯だったのだろう
ツタヤのなかにあるそのスタバでは幸運にも
ソファがひとりぶん、空いていた。

香港に住んでいたころは、このコーヒーなくしては
一日が始まらなかったものだけど、さすがは日本
スタバ以外にも美味しいコーヒーはいくらでもある。

せっかくの席をとられないよう注文する前に、
鞄をソファの上におこうとして、ふと手が止まる。
最初それが何なのか認識できないほど意外なものが
目に飛び込んできた。

バナナが一本、ソファの上に置いてある。

なんでバナナ? 忘れもの? それとも席取り?
あたりを見回す。だが立っているお客はいない。
カウンターに目をむけるが、そこにもいない。
きょろきょろしながら、お客のひとりと目があった。
30前後の青年。「何か用っすか?」その目が訴えている。
ぼくは視線を外し、あらためて目を落とす。
バナナはやはりそこにあった。

ぼくはすばやく推察する。
バナナはソファの真ん中に置かれている。
端っこならまだ、バックからポロリと落ちました
的な偶発さも感じるのだけれど、真ん中である。
「ちゃんとここ、置きましたからね」
という、意志すらも感じられるほどだ。

もしかしたらバナナ爆弾?

そういえばさいきん、へんなメールが増えた。
犯人はきっとこのブログを読んでその内容に腹を立て
ぼくが来ることを知り、先回りしたのかもしれない。
証拠にぼくがバナナ好きであることを知っている。

だがそんな回りくどいことをするだろうか?

逡巡したが、鞄はテーブルのほうに置き
コーヒーを注文しに、カウンターへ向かった。
ぼくはたいてい「本日のコーヒー」を注文するから
待つことなく、トールサイズのカップを受け取る。

紙ナプキンを数枚抜き、カップをもって席へ歩く。

戻ってみて思わず「あ」と声が漏れた。

さっきのバナナが消えていた。

条件反射的に、あたりをみわたす。人に動きはない。
カップをテーブルの上に置き、しゃがんで床を見る。
やはり、バナナはそこにもない。ただ消えたのだ。

ぼくはあきらめ、席に着く。
いたずらだったのだろうか? どこかで隠し撮りされてて
あとでYouTubeにでもアップされるのだろうか?

あのバナナの正体は、今でもよくわからない。
目の錯覚にしてはあまりに鮮やかであった。
ダークブラウンのソファに重なる黄色いバナナ。

思い返すにつれ、なかなかシュールでした。
取り立てて話すことでもないとは思うけど。

5 件のコメント

  • こんばんは、寝床で iPhone4 で書き込んでいます。
    バナナ置いたのは私です、な訳無いです、物理的に離れ過ぎてますし…
    でもきっと前に座ってた誰かが 「食べようと思って、カバンから出して、カバン越しに右横に置いたまま、後に席を立ってしまった」、の前振りがあって、「しまった」 で忘れ物を取りに来た瞬間(ものの1秒)に眼が離れていたのではないかと、私は推測致します。

    P.S. 誤字ありましたので、再投稿いたします。
    最初のはどうか消してください。

  • こんにちは。
    ダークブラウンのソファ、いいですね。
    わたしの最寄りスタバのソファはグレーなので、
    食べこぼしやコーヒーの染みが目立ち、ちょっと座りたくないです。
    きっとあれですよ!
    スタバで売ってるバナナを買った人が、あとで食べようとバッグにしまったものが
    ぽろんと落ちてしまった。
    そして帰り際には気づかず、店を出た直後に
    「あーっ! バナナ忘れた!」と引き返す。
    運よくお店の人に回収されてはおらず、
    なおきんさんのカバンがテーブルの上に。
    素早い動作でバナナを取りに引き返した人は、誰にも気づかれませんでした・・・。
    バナナ推理劇場。
    日常に転がったちょっとした出来事でも、
    なおきんさんの手にかかると、なんだかドラマチックです。
    ちなみに、わたしが通っている大学病院の敷地内にスタバがあるのですが、
    ものすごく狭くてソファ席などもちろんありません。
    全て二人席で、合い席を頼まれることもしばしば。
    でも、長時間待たされた後のコーヒーはとってもステキな自分後褒美です。

  • なおきんさん、こんにちは。
    タイトルを見て、初め社会派の記事かな?と思って読み進めたら (ジャカルタを訪れたとき、現地ブランドの美味しいコーヒー店がたくさんあるのに、なぜ人々は割高なスタバに好んで行くんだろう?と考えていたので)、「バナナが消えていた」のところでドキッとしました。
    なおきんさんはブログで顔を出されているから、そういう一瞬の不可解な感じも理解できます。でもなおきんさんのそんな潔さを常々尊敬しています。
    それにしても、なおきんさんここでもバナナ!とちょっと笑っちゃいました。

  • 忘れバナナで、隣の席の人は忘れた瞬間を見ていた。(忘れたものがバナナなので声をかけそびれた)
    そこになおきんさん登場。
    小腹がすいていた隣の席の人が
    バナナを素早く食べちゃった(^^;)
    とか…。

    あー!そんな奇妙で楽しい場面に
    めぐり逢いたいです>^_^<

    どーでもいいけど、人に言いたくなる事ってありますよね(^-^)
    その相手に私たちを入れてくれてありがとうございます(^^)

  • 昔の同僚さん、一番ゲットおめでとさまです!
    同僚さんならきっと、バナナを置き忘れる側じゃなく、置き忘れられたバナナを食べちゃうってかんじですよね。それからたぶん、推測通りかもしれませんね。ただ、それがあまりにも早かったから、人影を察知できなかったと。すごいですね、バナナなのに。
    ——————————-
    ユーリさん、
    バナナ推理劇場、なかなかのものだと思います。その場にいると、あのバナナが意志を持っているような気すらしました。それともぼくにだけ見えていた、つまり幻想だったのかなとも。バナナメンで食べ物なのに着るものにしちゃったタタリなのかもと。だとしたらコワイですね。あと、ステキな出会いがあるなら、相席もよさそうですね。たまに妄想したりします。
    ——————————-
    あんなさん、
    まったく不思議なバナナでした。後から考えるとますます不思議でした。ダークブラウンにバナナの黄色っていうのは、なかなかのコントラストで、幻想的でした。視力もそれほど悪くないので、見間違うはずがありません。そんなバナナ・・といったかんじです。
    ——————————-
    ねねさん、
    なかなかステキな想像ですね。「どんだけ飢えてんだよ!」みたいなツッコミをしてしまいそう。でもまあ、世の中広いですから、ぼくみたいにバナナなしでは生きていけない人たちも、そっとスタバに来ることがあるのでしょうね。でも単に床に落ちてて、知らず踏んで滑ってテーブルの角に頭を打ったりしなくてよかったなあ、と思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。