老人の犯罪が増えたこと

f:id:naokin_tokyo:20150405135727g:plain

 

かつて「万引き」といえば、

非行少年がするものと決めつけていた。カネもないし、分別もない。それがいつのまにか3人にひとりは65歳以上の高齢者。その検挙数、20歳未満のそれを超える。

 

暴力事件も増えた。20年前のなんと45倍も起こっている。酔って酩酊したというより、些細な事でキレる老人。ぼく自身なんども役所や病院で声を荒げるのはたいていおじさん。自分がぞんざいに扱われたことを怒るが、係の人はていねいすぎるほどていねいである。あれで腹をたててるようじゃ中国では生きていけない、と思った。

 

ストーカー犯罪も増え続ける。
老若男女それぞれ増える傾向にあるが、高齢者の場合、加害者は男性、被害者は女性というパターンが多いようだ。

 

f:id:naokin_tokyo:20150405134658g:plain

 

仕事一筋に打ち込み、激しい競争社会を生き抜いてきた男たち。それなりに出世もした。いや出世したからこそ、その落差に愕然とする。自分は用済みか?と。もとより地域コミュニティにも参加せず、会社ばかり行っていたのだ。

孤立感は深まり、妻がいれば妻に、子がいれば子に穴埋めをしようと依存する。だが家ではジャマがられる男たち。「朝ごはんと夜ご飯はいいとして・・」と、先日離婚を決意したある主婦は言う。「昼ごはんまで作んなきゃならないことに耐えられなかった」

 

拒絶されることに慣れてない。

それなりに会社人生を過ごしてきた男たちに共通するのはそれだ。会社というタガが外れ、自分を咎めるものが目に見えない。本性だってむき出しになりやすくなる。サラリーマンたちは社会へのコミットのほとんどを、会社の就業規則で代用していたのだから。朝から自分を縛るものはなくなったが、同時に自分を承認してくれる場所もなくなった。拒絶に慣れないのは、孤立に耐えられないことでもある。「自分にもっとかまって」という気持ちが、ふと自分に優しい言葉をかけてくれた女性に向かう。ストーカー行為の萌芽は、とてもささいなきっかけだったかもしれない。

 

f:id:naokin_tokyo:20150405142438g:plain

 

 

寂しさを埋めたい。
自分を認めてもらいたい。

そのために増える犯罪が蝕む社会。
それを批判したり笑うことはカンタンだが、自分がそうなるのもまたカンタンなのかもしれない。

 

4 件のコメント

  • これ、こわいですね。
    どこまで出世しようが、勤め人である限り、いつかは会社を辞める日がくる。
    ならば、大事なことは、辞める時に悔いが残らないように一所懸命やること。それしかない。
    人生も同じ。いつか死ぬときが必ず来る。そのときに、悔いが残らないように一所懸命やること。それしかない。
    と、先日、私なりにようやく気付いたのですが、今日の記事はそのさらに外を見ておかねばという気にさせます。
    悔いが残らないことと、周囲から評価されないことを両方包み込む、もうひとつ大きい概念を理解しなきゃ、私もきっとそんな老人になってしまうんだろうなー、という危機感に気づかせてもらえました。

  • 「必要とされない」って寂しいでしょうね。
    早くから 何らかの趣味を持ち、早期リタイヤする位じゃないと 老後は上手に生きられないのかもですね。
    老人の万引き、二度ほど目撃しました。
    年寄りの開き直りというか、ツラ~ッと
    平気な顔をしていますよ。
    万引きって 心の貧しさがさせるものなのですね。
    早くから 孤独に慣れておかなきゃ~笑

  • alinamin2011さん、いちばんゲットおめでとさまです!良くも悪くも日本は高齢化社会。望むと望まずにかかわらず多くの日本人は還暦を過ぎても20年生き続けます。周囲を受け入れ、自分も周囲を受け入れながら生きることでしょう。疎ましがられ、疎ましく生きるのはどんなに辛いことでしょう。そんなことを考えさせられます。

  • meikoさん、
    ほんと、つくづく「自分を必要とされない」ことはつらいことだと思います。IT化が進むにつれ「あなたでなくてもできる」仕事が増え、そうなると「人が、人のために」という要素がますます大事になってくる。そんな人に自分はなれてるか、なれ続けられるかがその人の老後を運命づけるような気がしてきますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。