ありがたい存在

f:id:naokin_tokyo:20090225015804g:image

ちびきちという名の犬。
こいつと暮らすようになって1年が過ぎた。
今でもときどき、自分の部屋に犬がいることにちょっと驚くことがある。 それは夢のようであり、しかし現実感に支配されるものだ。

ちびきちは、いつもぼくのそばにいようとする。
パソコンに向かっているときは膝の上に、食事をしているときはテーブルの下に、ソファで本を読んでいるときはひざにアゴをのせて眠り、ベッドで眠るときは首にアゴをのせて眠る。 バスタブに身を沈めているときは風呂蓋の上で毛繕いをし、シャワーを浴びているときは脱衣場のタオルマットの上で丸くなってぼくを待つ。

なぜ人は犬を飼うのだろうか? とあらためて思う。
人それぞれ理由があるのだろう。
あるいは「自分がありがたい存在になれる」というのもそうかもしれない。

 

人はこの世に生まれてから、「ありがたい存在」にどれだけ出会うのだろう? また、自分はどれだけの人々から「ありがたい存在」になれるのだろうか?

自分が誰かのありがたい存在になれる。

会社や社会でそのことを実感できないのは、ある種の不幸だ。 家庭で実感できないのは、不幸そのものだ。
人はやはりそれほど強くない。
だから関係性の中で生きようとするのだろう。
家族に認められたい、組織に認められたい、社会に認められたい、だれもがそんな承認欲求に飢えている。
人は強がり、人は自分を飾る。
それは認められたいからではないか? 存在をありがたがられたいからではないか?

そんなことを思う。
けれども、
強がった自分を認められても、飾った自分を認められても、結局のところ空虚なのだ。 誰もがそのことを知っている。
ありのままを認められ、ありがたがられる存在。
そのことをして、初めて自己肯定できる。
そういうものだ。

 

ちびきちのあどけない顔を見ていると、ときどき涙が出そうになる。
こいつは過去を振り返ることもないし、未来を憂慮することもない。 いっしょうけんめい、ひたむきに今を生きているだけだ。
そして、飾らないありのままのぼくを、ひたすらまっすぐにありがたがってくれている。

報われないことのほうが多い世の中にあって、それに応えられる幸福感を、この小さな犬を通じながらひしひしと感じることができる。
ポップコーンのような匂いのする耳の付け根を指で軽く掻きながら、あとどのくらいこいつといられるのだろうか? と考える。

 

それが、幸福なのにどこか切ないのだ。

f:id:naokin_tokyo:20090225020157j:image
いるよね、写真とると目をつぶってるやつ

 




5 件のコメント

  • 『あなたは愛されている 主の恵みに満ちています・・・
     あなたはわたしの 大切な人
     あなたに伝えたい 愛されてることを あなたは一人じゃない
     あなたに出会えてよかった・・・』
             ♪たいせつな人♪〜抜粋

    ちびきちくんの愛は直行型の究極の愛です。
    漠然とはしてても 別れがいつか来てしまうことを人間は知っているから より一層ペットの存在がいとおしく、いやされるのでしょうね。
    彼らに人間がココロを許すのは「かわいいから」だけではないと思います。
    なおきんさんとちびきちくんはまさにラブラブなコンビですね。ちびきちくん シアワセだぁ^^

  • ポップコーンの匂いって・・・・かわいい♪
    うちは、かつおぶしの匂いがします(笑)
    ほんとに、わんこを見てると、今を一生懸命生きてるなぁって思います。それを教えてくれてるんだなぁって思います。
    いろんなことに悩んで、ぐじぐじすると、わんこを見ては、気づかされます。「悩んでてもしかたない。今できることをするだけだ」って。
    ほんと、彼らがくれるのは、見返りを要求しない究極の愛ですよね。

  • こんばんは!ちびきち君はとてもおりこうさんで賢いのでしょうね。ポップコーンの匂いなんて素敵です。うちのウメは「あられ」の匂いってとこでしょうか・・・。いつかちびきち君といっしょに遊んでもらいたいです。ほんとうにありがたい存在で愛おしいですね。この先あと何年とかはあまり考えないようにしています、涙が出てくるので。今を一緒にきらきらしてたいです。最近グループトレーニング中ですがすっかり落ちこぼれですよ、しつけはままなりませんが元気で優しい犬に育ってもらえれば多少のやんちゃ&わがままはもういいです・・・ってだめですかね、こんな飼い主。

  • ペットの存在は、本当に自分の居場所を認識させてくれる存在だと思います。僕を見て安心してくれる姿を見ると、僕こそ内側から安心感と幸福感を覚える気がします。
    犬の従順な雰囲気のやさしさと、猫の自分勝手な感じのやさしさと、実家で両方とも飼っていた僕にとって、ペットは欠かせない存在になってしまっているかもしれません。
    また犬や猫と一緒に暮らしたいものです

  • おかみっちょんさん、一番ゲット、おめでとさまです!
    そうなんです。ペットって「かわいいから」だけで飼うんじゃないんですね。「じゃあ、なんで飼うんだ?」って訊かれるとちょっといい表現が見当たらないんですけど、まあ互いの存在を肯定し合うとでも言っておきます。「直行型の究極の愛」って相手が人間だとちょっと重そうですね(笑)
    ——————————-
    風さん、わー、おひさしぶり!
    ジャイくんは「カツブシの匂い」!? めっちゃジャパニーズじゃないですか(笑)確かにいぬと暮らすことでいろんなことが学べますね。まず、彼らは別にエサ欲しさだけでになつくわけでないこと。それから感情や気持ちが言葉なくても伝わること。不思議とわかるんですね。
    ——————————-
    chicさん、ごぶさたぶりです!
    ブログ閉鎖以降、生存確認すら出来ずさびしかったです。ウメちゃんは「あられの匂い」ですかー。これもまた香ばしそう!グループトレーング中とのこと、他の犬とふれあう機会はいいですよね。ホント、いつかちびきちと一緒に遊ばせたいですね。でも、遠いなあシンガポール・・・。
    ——————————-
    mu_ne_2さん、まったくですね>自分の居場所を認識させてくれる。 犬と猫をそれぞれ、「従順なやさしさと自分勝手なやさしさ」という表現はナイスです。 またいつかペットと暮らせるといいですね。「そのままでいてくれればそれでいいんだよ」ってのは究極の自己肯定だとつくづくおもいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    なおきん

    なおきんプロフィール:最初の職場はドイツ。社会人歴の半分を国外で過ごし、日本でサラリーマンを経験。今はフリーの立場でさまざまなビジネスにトライ中。ドイツの永久ビザを持ち、合間を見てはひとり旅にふらっとでるスナフキン的性格を持つ。1995年に初めてホームページを立ち上げ、ブログ歴は10年。時間と場所にとらわれないライフスタイルを めざす。